小前 和智(Kazutomo Komae)

研究員 / アナリスト
東京理科大学理工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科合成・生物科学専攻修了後、横浜市役所などを経て、2022年4月より現職。東京大学大学院経済学研究科博士後期課程在学中。


研究領域

労働に関する研究

所属学会

日本経済学会
日本キャリアデザイン学会

論文

査読論文:

  • 「職場におけるハラスメントに関する実証分析 -見聞,被害,転職」,日本労働研究雑誌,No.7482022pp99-119.
  • 「期間・時間・呼称から考える多様な雇用形態 -無期短時間正社員の可能性」,日本労働研究雑誌,No.716,2020,pp159-175.(玄田有史氏との共著)
    DP版はこちら

DP・WP

  • 1990年代・2000年代の日本における有配偶女性の労働供給行動の検証 -ダグラス=有澤の第1法則を中心に―」,SciREX-WP-2021-#01

コラム

2022年度のコラム:

主なコラム(テーマ別):

ハラスメント

フリーランス