HR Technology 2019-20202020年、新たに加わった2つのテクノロジー

HRテクノロジーは36領域へと拡大

HRテクノロジーのエコシステムはさらなる進化を続けている。
サービスは分化され、2領域のテクノロジーが加わり36領域となった。
グローバルセンターでは、調査を基に、労働市場のバリューチェーンごとに代表的なサービスをまとめて紹介しているが、新たな2領域を加え、サービス内容やビジネスモデル、主要なサービス事業者について、次回・次々回でポイントを解説する。

1)候補者コミュニケーション(Candidate Communication)
2)デプロイメントプラットフォーム(Deployment Platforms)

図 HRテクノロジーマップ(2020)

hrtech2020_map_s.jpg

[マップの拡大版はこちら

グローバルセンター
村田弘美(センター長)