「働く×生き生き」を科学する

下がり続ける仕事のやりがい…達成感や充実感の低さ…。働き方改革が進む裏側で、個々人のモチベーションに関する問題は、40年近く放置され続けたままである。
この問題に向き合い、どうすれば、それぞれ異なる「私」という個人が活き活き働けるのか、欠かせざる要素や手立てについて研究的に解明していく。

第1章 問題意識:生き生き働くことについての事実。
第2章 研究探索:「生き生き働ける」人とは?組織とは?
第3章 仮説生成:1600人の記述に現れた事実
第4章 論点提示:個人としてできること、企業だからできること
第5章 実証分析:Coming Soon
第6章 未来提言:Coming Soon
第7章 分析報告:Coming Soon

コンテンツ

報告書・論文

プロジェクトリーダー

プロジェクトメンバー