JOURNAL OF HUMAN RESOURCESWorks No.74

Works誌は全ページ無料でPDFをダウンロードしていただけます。冊子版をご希望の方は、右の「購読のお申込み」からご購入いただけます。

Works No.74
M&A、「人」の時代。
2006年02月

目次

■特集1
M&A、「人」の時代。


はじめに 「知らないふり」では済まされない
編集担当 五嶋正風(本誌)

第1章 価値創造へ 3つの焦点
Part1 ターンアラウンドマネジャー 「片手に算盤、片手に論語」の牽引車
社長デビューの道が、これでひとつ増えた/白石理佳氏(リクルート・エックス M&A/ファンド担当ユニットマネジャー)

Part2 PMI(合併・買収後の企業統合) 「1+1=2」を超えるために
米国企業レポート 長所を残し共有も図る-ハイテク軍需メーカーのM&A
デビッド・クリールマン氏(人材コンサルタント、クリールマン・リサーチCEO)

Part3 HRデューデリ 重みを増す人事マターの精査

第2章 市場の変遷を概観する
Part1 データから見るM&Aマーケット

Part2 「プロ化」を迫られる、日本の経営者
服部暢達氏(一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授)

第3章 人的資本への脚光
Part1 「知」の確保と活用がM&Aの真髄
金児 昭氏(経済・経営評論家 信越化学工業顧問)

Part2 組織間学習が分けるM&Aの成否
ダニエル・A・ヘラー氏(横浜国立大学大学院国際社会科学研究科助教授)

Part3 人材活用のために、M&Aはある
冨山和彦氏(産業再生機構代表取締役専務兼COO)

Part4 構造変化が求めるM&Aプロの育成
藤岡文七氏(内閣府沖縄振興局長 経済社会総合研究所特別研究員)

おわりに M&Aが示唆するHRMセンス
工代将章(本誌編集長)

■特集2
フレキシブル・ワーク-臨機応変・伸縮自在な働き方


I 子育て・学習・自己啓発を包含した「柔軟な働き方」を
村田弘美(ワークス研究所主任研究員)

II 育児支援からテレワーク、長期休暇まで、先進企業の取り組み

III 20世紀の働き方から脱却しよう
脇坂明氏(学習院大学経済学部教授)

■連載

・ハイ・パフォーマンスを生む現場を科学する 野中郁次郎の成功の本質
第24回 マツダ/ロードスター
監修 野中郁次郎氏(一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授)


・決断の瞬間
武内智氏(ワタミファーム 代表取締役社長)

・著者からのメッセージ
『働く過剰』
玄田有史氏(東京大学社会科学研究所助教授)
『日本の人事部・アメリカの人事部』
サンフォード・M・ジャコービィ氏(カリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン経営大学院教授)
『ビジネス・プロフェッショナル』
大久保幸夫(リクルートワークス研究所所長)


・カタリスト 人と組織の新・論・点
中村園氏(造型作家 アレグロ代表)

・成長の危機 ひとと組織を救う多様なキャリア
高橋俊介氏(慶應大学大学院教授)/ワークス研究所 共同研究プロジェクト
第5回 人の内面に働きかける成長のパターンとは