「個人選択型異動」が人事戦略に与える影響

異動は企業主導により行われてきたが、近年、その異動に対して個人側が「NO」を突き付けている。新しい動きとして、従業員が異動を選択できる制度を取り入れる企業が増えてきた。こうした個人選択型異動の実態はどういったものなのか、そこから企業は何を獲得しているのか(何をトレードオフしているのか)、企業の人事戦略にとって有効となり得るにはどうすべきかを検討する。

プロジェクトリーダー

プロジェクトメンバー

  • 柳沼知代子(アシスタント)