Works Discussion Paper 2018年度

Works Discussion Paper(DP)は、研究所員の研究成果、または、研究プロジェクトや基幹調査で得られたデータ等の二次分析の成果を研究論文として取りまとめたものです。研究成果を早期に公表して議論を喚起することを目的としているため、DPとしての公刊後の改訂を前提としています。公刊されたすべてのDPは内部の報告会を経ています。 なお、DPの内容はすべて執筆者の個人的見解であり、リクルートワークス研究所や執筆者の所属する機関の公式見解を示すものではありません。