MENU
研究レポート

石川治江石川治江氏
特定非営利活動法人ケア・センターやわらぎ 代表理事
社会福祉法人にんじんの会 理事長

外資系の組織に勤めた後、居酒屋や喫茶店などを経営し、ビジネスに手腕を発揮していた石川治江氏が、それまで無縁だった福祉の世界に飛び込んだのは約35年前のこと。その原点には「怒り」があった。何かをしなければならない――在宅ケアのボランティアからスタートした石川氏の活動と情熱は、一貫して「困っている人が当たり前に暮らすための仕組みづくり」に注がれてきた。介護保険制度の原形ともいわれる仕組みを構築するなど福祉業界に幾多のインパクトを与えてきた彼女の発想、そして行動は、社会に「本来の福祉のありよう」を問い続けている。

上司と仕事に恵まれ、
「眠っていた脳」が開花

何事にも直截的で、バイタリティあふれる現在の石川氏からは想像もできないが、聞けば、子ども時分はとても病弱だったそうだ。食事制限はあり、運動も自由にできない。学校にいる時間より、家で過ごす時間のほうがはるかに多かった。

友だちは「活字」だけ。家では本ばかり読んでいて、昔あった貸本屋さんの本を全部読破しちゃったほど。あとは絵を描いたり、お習字したり、家の中でできることってそれぐらいですから。欠席が多いと同級生とは話が合わないし、偉そうにしている気に入らない先生もいたものだから、とにかく学校には行きたくなかった。今でいう不登校児ですよ。

勉強のべの字もしない子どもだったけれど、母が教師だったので、要所で勉強を見てくれたものです。あと、「学校なんか行かなくても大丈夫よ」と、まるで専属ナースのように病弱な私の世話をしてくれた祖母の存在も大きいですね。母も祖母も実におおらかな女性で、私はそのおかげで、何の負い目も感じることなく真っ直ぐに育った気がします。下着から洋服まで、大半の衣類は彼女たちが手づくりしてくれたし、親類縁者もしょっちゅう泊まりに来るような家でしたから、愛があって楽しくて……私は“いい大人たち”に囲まれていたんでしょうね。

「50歳まで生きられるかどうかわからない」。医師の叔父からはそう言われていたそうです。それを聞いた時、「そうか、50過ぎたらおまけだな」と思いました。それが不思議なもので、出産を機にすごく元気になった。体質が変わったのかもしれないし、何より、育児や仕事で甘ったれていられないから、その緊張感のおかげかな。人間、なまじ時間があると、ろくなことにならないものですよ(笑)。

高校卒業後、知人から勧められた勤め口があった。外資系の非営利組織・IWS国際羊毛事務局(当時)である。この頃、石川氏は本格的に始めた油絵に夢中になっていたから、「働く気はなかった」そうだが、結果、彼女はここで仕事の面白さに目覚めることになる。「眠っていた脳みそが開花したの」――今日までを紡ぐビジネススキルを培った時代だ。

紹介してくれた知人への義理があったので、仕方なく出向いた面接でした。私は正直に、英語もタイプも何もできないと伝えたのに、どういうわけか受かっちゃった。でも縁ですよねぇ、この時に出会ったボスこそが私に強い影響を与え、師匠となるのです。なかなかの変わり者なんですが、とにかく頭脳明晰で。「世の中なんてつまらない」と斜に構えていた私に、仕事の面白さ、素晴らしさを教えてくれました。

最初は秘書をやっていたので、いつも側にいるわけです。ボスの仕事の進め方、物事の捉え方、メンバーを“本来の目的”に導くマネジメント力、これらを間近に見てきて得たものは大きい。波長が合ったのでしょう、生意気な私を可愛がり、機会も与えてくださった。「二人分の仕事をしているのだから昇給してほしい」と言えば聞き入れてくれ、「商品企画の仕事をしたい」と言えば環境を与えてくれ、億単位の商売も経験させてもらった。もうめちゃくちゃ仕事が楽しくなって、「私は仕事で生きていくぞ!」という勢いで働いていました。

2015年04月17日