2014年度研究プロジェクト

出雲充

出雲充氏
株式会社ユーグレナ 代表取締役社長

小学校の理科で習った「ミドリムシ(学名:ユーグレナ)」を覚えているだろうか? 藻の一種であり、体長わずか0.05ミリ。顕微鏡でやっと見える小さな存在ながら、豊富な栄養素や油分を含み、健康食品やバイオ燃料として活用できる。出雲充氏はミドリムシの持つ可能性にいち早く着目して2005年にユーグレナを設立し、同年12月、それまで困難とされていたミドリムシの屋外大量培養に世界で初めて成功。2012年に東証マザーズに上場し、2014年には東証一部へ市場変更。現在はミドリムシを使ったサプリメントや食品、化粧品などの製造販売を事業の柱とするほか、航空機向けバイオ燃料の研究開発にも力を入れ、国内外の大企業との業務提携も相次いでいる。

ミドリムシを好きになるのに
合理的な理由なんてなかった

全力で「ミドリムシ推し」なのだ。東京・飯田橋(※)のオフィスビルの一角にあるユーグレナ本社の扉を開けると、フラスコで培養中のミドリムシが目に飛び込んでくる。受付は、タッチモニターのミドリムシクイズに答えて訪問先の社員を呼び出す仕組み。内装にもロゴにもミドリムシカラーがあしらわれ、現れた出雲氏のネクタイやスーツの袖のボタンホールまで緑。奇をてらっているわけではない。そこには大学時代からミドリムシの可能性を信じ、25歳で設立したユーグレナ社をさまざまな困難を経て軌道に乗せた出雲氏のミドリムシへの情熱がほとばしるように表れている。出雲氏はいかにしてミドリムシに出会い、なぜそこまで惚れ込んだのだろうか。
※2015年3月に田町に移転。

なぜミドリムシを好きになったのか。それは私にも謎です。恋愛や結婚の相手を、「この人をなぜ好きになったのか」と合理的な理由を考えたりはしませんよね。それと同じで、科学的なアプローチではないんです。

もともとは、国連に就職して世界の貧困や飢餓を解決する仕事がしたいと考えていました。都心から1時間ほどの多摩ニュータウンで生まれ育ち、会社員の父、専業主婦の母、弟1人の4人家族。一般的な日本の家庭で生活を送り、周りも似たような家庭が多かったせいか、将来は会社員か公務員の二択だとなんとなく思い込んでいました。海外への漠然とした憧れがあったので、公務員になるなら、国連本部で働きたいと夢を描いていたんです。

東京大学文科三類に進学したのも、国連の職員に東大文三出身者が多いと聞いたのが大きな理由です。ところが、大学1年生の夏に訪れたバングラデシュで見た光景が進路を考え直すきっかけになりました。それまで僕は、途上国の貧しい人々は、空腹で苦しんでいると思っていましたが、実際には、バングラデシュには炭水化物は山ほどあるんです。ただ、ほかの食物がないためにそれ以外のあらゆる栄養素が不足していて、国連もその問題を解決できていませんでした。そんな現実を目に当たりにして、途上国の貧困や栄養失調をなくしたいなら、国連に就職するよりも栄養の問題に取り組む方が根本的な問題の解決につながるのではないかと考えるようになりました。

そのときに僕が思い描いたのは、漫画『ドラゴンボール』に登場する「仙豆(せんず)」。ひと粒で10日間飢えをしのげて、疲れやけがも一瞬で回復するという架空の豆です。「仙豆」のような豊富な栄養素を含む食材を見つければ、世界の栄養失調に苦しむ人々がいなくなるのにという思いが募り、まずは農業や栄養素について勉強しなければと大学3年生の時に農学部に転部。「仙豆」を求めて栄養素の豊富な食材を調べ、周囲にも相談しましたが、手がかりはなかなか見つかりませんでした。

唯一わかったのは、「人間が生きていくには、動物性と植物性の栄養素の両方をバランスよく摂ることが重要」という当たり前のこと。両方を兼ねそなえる食材なんて存在しないのではと思いかけていたころ、当時、サークルの後輩だった鈴木(健吾氏、現・ユーグレナ社取締役)が、「ミドリムシなら目指すものに近いんじゃないですか。植物と動物の間の生き物ですから」と言ったんです。理系に所属していた鈴木にとっては何気ない言葉でしたが、僕には大発見でした。

さらに過去の研究論文を調べてみると、驚きました。ミドリムシは豊富な栄養素を含むだけでなく、油分を多く含んで燃料としても利用でき、さらには光合成で二酸化炭素を吸収するため環境問題の解決にも活用できるというのです。「これこそが僕が探し求めていた仙豆だ!」とミドリムシについて知れば知るほど気持ちが高まりました。一方、「ミドリムシの魅力は昔から知られているものの、屋外での大量培養が非常に難しく、世界中で研究が頓挫している」という事実も知りました。にもかかわらず、まさに恋愛のようなものだったんでしょうね。「何とかして、ミドリムシを世に出したい。10年、20年頑張れば、できるはずだ」と信じて疑いませんでした。

2015年05月15日