2014年度研究プロジェクト

Ⅱ章
教育・育成系創造メカニズム

教育・育成は、個人の社会に対するまなざしや関わり方に大きな影響を与える。「社会リーダー」の要件である「社会をより良くする」意識や「価値創造」能力について、早い時期から体系的に機会をつくり、個々人の発達段階に合わせた多様な方法で社会への関わり方を考える機会をつくることは、非常に有効な「社会リーダー」創造メカニズムの基盤となる。また、教育・育成の機会は生涯にわたって提供されるものであり、教える側の教員などの指導者のなかにも「社会リーダー」として成長し続けることができる仕組みが求められる。

この章では、Ⅰ章で定義した「豊かな国」で広範に見受けられる特徴的な「教育・育成」分野について具体的なケースを見ていこう。(1)スウェーデンの「共生・多様性尊重教育」(2)フィンランドの「初等・中等における起業家教育」(3)イギリスの「パブリックスクール・ボーディングスクール」(4)アメリカの「ソーシャル・アントレプレナー/エンタープライズMBA」の4つのメカニズムの概略をレポートする。そしてこれら「教育・育成」プログラムのなかから、「社会リーダー」の創造につながる糸口を探っていきたい。

2015年07月22日