researchWorks University 労働政策講義

ますます多様化する労働市場に対応して、多岐にわたる施策の推進が要請されるなか、政府の主導のみで雇用・労働問題の解決を図ることは容易ではありません。個人や企業など現場を中心としての民間の知力・活力を生かした総合的な施策の検討が期待されています。
リクルートワークス研究所は、民間の立場で広域な雇用・非雇用問題や外部労働市場について、市場予測、マーケティング、調査・研究、立案等、多彩な業務を展開し、広く社会に貢献することを目的としています。
研究成果は、「Works University 労働政策講義」、政策提言、研究レポートでとりまとめています。

グローバルセンター

主な研究成果

Works University 労働政策講義 2015

研究員

グローバルセンター長
村田 弘美
客員研究員
ケイコ・オカ