researchオリンピックがもたらす雇用インパクト

2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催されるその時に、人々はいきいきと働いているのだろうか。 東京と同じ成熟都市で行われた2012年のロンドン大会の経済・雇用影響をレビューし、東京大会が生み出す人材ニーズを予測した。
2016年のリオデジャネイロ大会ではインタビュー調査を実施。人材獲得難が予想される2020年に向けて、雇用政策アジェンダと人材調達スキームを提起する。

報告書(2016年)

報告書(2014年)

コラム

Column (in English)


プロジェクトリーダー

中村天江(労働政策センター長)

プロジェクトメンバー

大久保幸夫(所長)
豊田義博(主幹研究員)
古屋星斗(研究員)
石川孔明(客員研究員)
酒井穣(株式会社BOLBOP)
茂木崇史(株式会社BOLBOP)
谷本智子(リサーチアシスタント)