人生100年時代の学び方

定式化された学習内容はテクノロジーが担い、学習の場もツールも多様化するなか、学びと社会人の関係は大きく変わっている。長く、豊かな人生を送るために、私たちは「何を」「どのように」学んでいくのか――その未来を捉える。

コンテンツ

  • 人生100年時代×テクノロジー 学びはどう変わる?
    テクノロジーの進化によって、「過去の学び」は「未来の学び」にどう姿を変えつつあるのか。学習、ゲーミフィケーション、AIなどの専門家たちが、それぞれの視界から「どう変わる?」に答え、言及する。
  
人生100年時代 学びの進化モデル
人々の学びは、個人の経験に基づいた多様なものになる。そして、もっと自由で楽しいものになる。そうした時代を先取りし、「自らの学び」を創り出し、キャリアを拡大し続けている人たちの事例を紹介する。
  

報告書・レポートなど

  • 【研究レポート】「創造する」大人の学びモデル(PDF)

    2030年、学びは「創造活動」になる。学習テクノロジーの進化は、働くことや学ぶことを劇的に変化させる。「発芽する」「試す」「活かす」「変容する」「共創する」ー5つの学習行動を支える学習テクノロジーを紹介する。

プロジェクトリーダー

辰巳哲子(主任研究員)

プロジェクトメンバー

久米功一(東洋大学)
小宮山利恵子(リクルート次世代教育研究院 院長)
前原佳世子(株式会社リクルートキャリア)
市村由起(熊本大学教授システム学研究センター)
岡村幸路(日本オープンオンライン教育推進協議会JMOOC事務局)
阪口祐子(アシスタント)