MENU
研究レポート

野田智義氏

野田智義氏 特定非営利活動法人 アイ・エス・エル理事長

ヨーロッパを代表するビジネススクール、インシアード経営大学院(フランス)で組織戦略論の教鞭を執っていた野田智義氏が、リーダー不在という日本の状況に危機感を抱き、2001年7月、同世代の仲間と協力して立ち上げたのが特定非営利活動法人アイ・エス・エルである。その理念は「公徳、情熱と志、創造力を兼ね備えた、(ビジネスも含む)社会全体のイノベーションを実現するリーダーを輩出する」というものであり、私たちの問題意識と大きく重なる。10数年にわたる活動を通じて見えてきたリーダー育成のポイントを語ってもらった。

日本に合わないアメリカ型マッチポンプ・エコノミー

― そもそものお話から伺います。なぜ今、日本に社会全体のイノベーションを実現するリーダーが必要なのでしょうか。

野田 大上段に構えて言えば、キリスト教文明とそれをベースにした西洋発の近代資本主義システムが曲がり角にたっているからです。ベルリンの壁崩壊以降、市場化、システム化を本質とするグローバリゼーションが急速に進行し、とりわけ先進国で、これまでの顔の見える人間関係をベースとする地域コミュニティが崩れ、様々な問題が火を噴き始めました。社会に穴が開いた状態ですが、各国ともに財政難ですから、そういう穴埋め仕事、火消し仕事を従来のように政府が全部引き受けるわけにはいきません。そこで必要になってきたのが、社会や地域の課題解決に挑み持続可能な未来を創らんとするリーダーです。社会リーダーと呼んでもいいでしょうね。日本の問題意識の高い若者の間で注目されている社会起業家やコミュニティ起業家はその典型です。

― そういう流れが最も強い国はアメリカと言っていいのでしょうか。

野田 その通りですね。アメリカでは税制もあって、個人の寄付文化が定着しており、大量の資金がNPO・NGOといった非営利組織や社会起業のスタートアップに流れています。ビジネススクールでも社会起業(ソーシャルアントレプレナーシップ)のコースがとても人気で、優秀な人材がビジネスではなくソーシャルセクターで働く。でも私から言わせるとその経済社会モデルはマッチポンプ・エコノミーであって、日本が安易に真似るべきモデルではないと思います。

―マッチポンプ・エコノミーとは何でしょう。

野田 こういうことです。世界中で、社会に穴をあけているのはグローバル資本主義なのですが、その象徴がウォール・ストリートです。昼間は社会のことなどまるで考えず、ウォール・ストリートの金融機関で、金儲けに血眼になっている人が、夜になると慈善家然として、2枚目の名刺を取り出し、社会貢献のためフィランソロフィー活動に活躍する。多額なお金が集まり、そのお金がNPOやNGOに還流する。その結果、NPO・NGOの給与も高くなるため、一流大学、大学院卒の優秀な人間が、こぞってNPO・NGOで働くようになる。一見よさそうなストーリーですが、強欲な金融資本主義が、格差を増大させ、社会に穴を空けている張本人ともいえる。世界で一番問題を創り出している人が多いのもアメリカなのですが、世界で一番課題解決に挑んでいる人が多いのもアメリカなのです。

これ、どこかおかしくありませんか。私に言わせれば、このモデルは、自分で火をつけてそれを消しているだけのマッチポンプに過ぎません。近年日本でも、こうしたアメリカ型の慈善文化、寄付文化を真似ようという動きが出てきていますが、日本には独自の経済社会の伝統と土壌がありますから、単純なアメリカ追随の風潮には賛同できません。

2015年01月21日