research2016年 研究プロジェクト

研究プロジェクト一覧

全国就業実態パネル調査

本プロジェクトでは、全国の就業者と未就業者を対象に毎年調査を実施し、公的統計だけではわからなかった就業の実態と変化の把握をめざす。就業状態に関する指標(Works Index)を開発し、毎年リリースすることで、就業の量だけでなく、質も伴う向上を社会にメッセージしていく。

サイトはこちら

プロジェクトリーダー 萩原牧子(主任研究員/主任アナリスト)
プロジェクトメンバー 大久保幸夫(所長)
豊田義博(主幹研究員)
久米功一(主任研究員/主任アナリスト)
戸田淳仁(主任研究員/主任アナリスト)
清水千弘(客員研究員)
孫亜文(アシスタントリサーチャー)
阪口祐子(アシスタント)
三宅里枝(株式会社インテージ)

Technologyと2030年の「働く」

テクノロジーは雇用を奪うのか?人手不足の救世主となるのか?生き生きと働くことができる2030年を迎えるために、テクノロジーとどのように向き合い、テクノロジーをどのように活かすのか。数値シミュレーションとともに、2030年に向けた包括的なビジョンを提示する。

サイトはこちら

プロジェクトリーダー 中村天江(労働政策センター長/主任研究員)
プロジェクトメンバー 大久保幸夫(所長)
中尾隆一郎(主幹研究員)
久米功一(主任研究員/主任アナリスト)
戸田淳仁(主任研究員/主任アナリスト)
碇邦生(研究員)
石山洸(リクルートホールディングス RIT推進室 室長)
海部美知(ENOTECH Consulting CEO)
阪口祐子(アシスタント)
谷本智子(アシスタント)

ピープルアナリティクスを活用した生産性向上

本プロジェクトでは、近年注目を集めているピープルアナリティクス(従業員の行動データの分析・活用)によって、ホワイトカラーの生産性を如何に高めることができるかを、実証実験を通じて明らかにする。実証実験を行うことにより、具体性のある効果検証を行うとともに、ピープルアナリティクスの導入・活用における実務的な留意点を明らかにする。

サイトはこちら

プロジェクトリーダー 清瀬一善(主任研究員)
プロジェクトメンバー 城倉亮(研究員)
入倉由理子(Works編集)
鹿内学(株式会社リクルートキャリア)
森亜紀(アシスタント)

採用を変える、採用で変える(第2期)

企業の競争優位を築くための採用は、環境変化に応じてダイナミックに進化を遂げていく必要がある。「戦略的採用論」として、そのパースペクティブを構築した2015年度のプロジェクトに続き、2016年度は、国際横断調査により戦略的採用のグローバルモデルを研究する。

プロジェクトリーダー 中村天江(労働政策センター長/主任研究員)
プロジェクトメンバー 豊田義博(主幹研究員)
田中勝章(主任研究員)
久米功一(主任研究員/主任アナリスト)
碇邦生(研究員)
森亜紀(アシスタント)
谷本智子(アシスタント)

「現場」の新しい働き方
~サービス産業の現場の働き方をどう変えていくのか~ 

サービス産業の生産性向上が注目されているが、抜本的な働き方変革は実現していない。サービス産業の現場でどのような働き方の変化が起こせるのか。インバウンド消費によりマーケット環境が変化していく観光業をターゲットに新しい働き方を探る。

プロジェクトリーダー 城倉亮(研究員)
プロジェクトメンバー 清瀬一善(主任研究員)
萩原牧子(主任研究員/主任アナリスト)
久米功一(主任研究員/主任アナリスト)
森千恵子(アシスタント)