Iターンして活躍するには、本人の要因だけではない。受け入れ組織のサポートも不可欠だ。森氏の上司の村上氏に活躍のポイントを伺った。

【上司インタビュー】

石巻市6次産業化・地産地消推進センター
事務局長
村上 忠範氏

たとえば、漁業の品質管理でもいろんなノウハウが蓄積されていて、それを発掘するのが、外からの人たち

―採用に至った経緯を教えてください。

私も2014年9月に石巻に来て、まだ何もない状況だったので、具体的に何かこういう仕事をやってもらおうということがあったわけではありません。今やっている6次産業化の仕事をやる陣容が必要だということはありましたが、仕事の中身の詳細までは詰まっていませんでした。だから、相性だったり、本人のやりたいという希望だったり、熱意から判断して、彼を採用しました。

―UターンIターンの人材が活躍する要因は何だと思われますか。

私は、ずっと海外との仕事をやってきましたが、日本は、同質性が強すぎると思っています。特に、地方は、同質性が強いために自分たちが持っているほかとの「違い」がわかっていません。「違い」のなかに悪いところも良いところもあって、その「違い」がわかる外からの目線で「これは普通のところにはない特色だ」とか、石巻のよさとか、そういう価値が見出せるのだと思います。私たちセンターは、ほぼ全員、石巻の外からの人なので、こういう違いがあって、こういうよさがあって、「これが資産ですよね」という発見につながりやすいです。

たとえば、漁業の人たちがやっている、温度管理による品質管理も、いろんなノウハウが蓄積されていますが、発信されていません。どうして発信しないのかと聞くと、「そんなの、当たり前だからだよ」と言われます。すごいことがたくさんあって、それを発掘していくのは、外からの人たちのほうが合うんだろうと思います。自分たちの持っている資産だとか、それをどう活用していくかだとか、そういうアイデアを出す段階では、外からの人が入らないととんがったものになっていかないです。地元の人たちには当たり前すぎてわからない。そういう意味で、私たちの6次産業化というのは、大事なことだと思います。

―今後期待することを教えてください。

6次産業化の仕組みは市が導入しているため役所が仲介に入り交通整理をすることで、民間だけで活動を行うよりも動きやすくなります。産業復興支援員としてキーパーソンのところにつながれます。それをうまく使って人脈を掘り起こしていけば、次のステージに行けると思うし、彼は、そういう動きをしています。 だから、ここでの仕事が終わった後に自分で事業を起こすとか、将来、自分が石巻で生きていくための仕組みづくりにつながるので、自分にアサインされた仕事プラス、自分がやりたい仕事を発掘していってほしいと思います。



【石巻市6次産業化・地産地消推進センター 森優真氏 の活躍のポイント】

今回のインタビュー結果を研究レポート「UIターン人材活躍のセオリー」でまとめた3つのターニングポイントに当てはめると以下のポイントで整理される。

Iターンから活躍するまでの3つのターニングポイント※1
※1:3つのターニングポイント
UIターンから活躍するまでを入社までの「移住前」、入社後約半年までの「適応期」、入社後1~2年までの「活躍期」の3つの期間に分類して整理した考え方




3つのターニングポイントと学習3階層モデルの詳細については、下記の「UIターン人材活躍のセオリー」のレポートを参照
http://www.works-i.com/pdf/160407_uiturn.pdf



[1] [2] [3]  



※その他のインタビュー
第1回インタビュー 福岡へUターンしたエンジニアの吉田氏
第2回インタビュー 北海道へIターンした公務員の三橋氏
第4回インタビュー 福岡へIターンした塾講師の橋本氏
第5回インタビュー 北海道へUターンしたエンジニアの池田氏