このインタビューでは、UターンIターンし活躍している本人とその上司の方にインタビューを行い、本人がどんな思いで転職を決意し、現場で本人、上司が何に悩み、何が問題解決のポイントになったのか、具体的な事例の紹介を通じて、活躍のポイントを明らかにする。

※調査結果をとりまとめた研究レポート 「UIターン人材活躍のセオリー」


異なるスキルが求められる世界に飛び込み、経験を活かし、新たな学びを重ね、大規模なプロジェクトをマネジメント

東京で約7年間の勤務の後、福岡へUターンし、モンブラン・ピクチャーズ株式会社でエンジニアとして活躍する吉田真也氏と上司の田中賢一郎氏にUターンの経緯とその活躍のポイントについて伺った。

【本人インタビュー】

モンブラン・ピクチャーズ株式会社
吉田 真也氏

<プロフィール>
福岡で大学を卒業後、東京のCG制作会社に入社。約7年勤務した後、2013年にUターンし、モンブラン・ピクチャーズ(株)に入社。

<会社概要>
2011年12月設立。本社所在地は福岡市中央区。3DCGアニメーションとモーショングラフィックスを軸に、劇場映画、キャラクターデザイン、プロジェクションマッピング、TVCM、ステーションID、企業CI、ゲームなど映像にまつわるさまざまなコンテンツを企画、制作。映画『放課後ミッドナイターズ』などのオリジナル作品の制作も展開。

この会社だったら自分の違う価値が出せる

―東京からUターンされた経緯を教えていただけますか。

「将来、福岡で生活したい」とぼんやりしたイメージを持っていました。妻も福岡の出身で、家族の中長期目標というと大げさですが、何となく「将来、福岡にまた住めたらいいね」とは考えていました。31歳の頃に、子どもが生まれたり、引っ越しを考えるようになったり、さまざまなタイミングが重なったので、家族で「福岡へのUターンを考えてみようか」という話をするようになりました。

もちろん、仕事面でのメリットも考えていました。福岡で働いている友人がいて、福岡のクリエイティブ業界が、すごく面白いことをやっているように見えていました。また、長い間、1つの会社で仕事をしていて、違うことにチャレンジしてみたいというタイミングも重なりました。

―すぐに転職先が見つかったのでしょうか。

次の就職先を決めて辞めたかったのですが、前職が忙しくて、特に地方に転職しようとなると、時間が全然取れなかったので、私の場合は、「辞めます」ということを先に伝えてから次の仕事を探しました。幸い、退職するタイミングと入社するタイミングは合いました。

―「この会社にしよう」と思われたのは、どういうポイントですか。

私がそれまでやってきたことと、モンブラン・ピクチャーズが得意にしていることは、求められるスキルが全然違いました。最初は「合わないだろうな」と思っていました。実際に社長やほかのメンバーと話すと、全然違うジャンルでしたが、私がやっていることに興味を持ってくれました。仕事をするうえで、「同じスキルを持った人がたくさんいて、みんなと同じように仕事ができる」というよりは、「全然違うけれど、この会社だったら自分の違う価値が出てくるかもしれない」ということが魅力的でした。むしろ、自分と同じような人がいないから魅力を感じたのかもしれません。

価値観には共感できて、そこはとても大事でした。オリジナルのコンテンツをつくろう、自分たちからアクションをして楽しませよう、としていて、このなかに自分が入ったら、すごくプラスになるのではないかと感じて、入社を決断しました。


[1] [2] [3] 次のページへ