「働き方改革」特集

「働き方改革」特集

いまや国家的テーマとなっている「働き方改革」。
長時間労働の是正、残業の削減などの対処にとどまらず、働く時間、場所の自由度を広げ、働く人たちの満足度、組織の生産性を高めるために、企業はさまざまな取り組みを始めています。政府も議論をリードし、新たな法案づくりが進んでいます。
リクルートワークス研究所では、このように議論や取り組みが広がる前から、このテーマを探索し、数々の発信を行ってきました。
この特集では、そうしたコンテンツをまとめてご紹介します。
働き方改革とは何を目指すものか、どのような事例があるのか、本テーマへの理解を深める一助として頂ければ幸いです。


    時間/生産性

  • 夕方以降の電話は取り次がない、を徹底せよ(PDF)

    パーソルテンプスタッフでは、2015年に時短勤務者だけを集めた部署を開設しました。時短勤務者が活躍できるように、夕方以降の電話のしかたを変えました。働きやすさのために業務改革をどう進めるかを学びます。

  • サービス産業の「新しい働き方」

    サービス産業の生産性向上が注目されているが、これまで抜本的な働き方改革は実現してこなかった。サービス産業でどのような働き方の変化が起こせるのか。生産性向上の伸びしろの大きい宿泊業をテーマにサービス産業の「新しい働き方」を提言します。


  • 一覧はこちら>

    多様な働き方

  • 生涯現役の実現のため自らの“Willの仕事”を発見させよ 

    少子高齢化に向けた日本企業の対策として、ダイバーシティ推進による「外国籍社員の活用」、働き方改革による「女性の活用」とならんで、生涯現役化による「シニア社員の活用」が進められています。

  • 「2025年の働く」予測

    超高齢社会を迎えた2025年。労働市場はどうなっているのか。就業構造のシミュレーションから、個人と企業の「働く」を展望する。 雇用機会が喪失する悲観シナリオと就労機会が増える楽観シナリオから、楽観シナリオに近づくための道しるべをまとめました。


  • 一覧はこちら>

ページの先頭へ