「働き方改革」特集

「働き方改革」特集

いまや国家的テーマとなっている「働き方改革」。
長時間労働の是正、残業の削減などの対処にとどまらず、働く時間、場所の自由度を広げ、働く人たちの満足度、組織の生産性を高めるために、企業はさまざまな取り組みを始めています。政府も議論をリードし、新たな法案づくりが進んでいます。
リクルートワークス研究所では、このように議論や取り組みが広がる前から、このテーマを探索し、数々の発信を行ってきました。
この特集では、そうしたコンテンツをまとめてご紹介します。
働き方改革とは何を目指すものか、どのような事例があるのか、本テーマへの理解を深める一助として頂ければ幸いです。


    時間/生産性

  • センサーデバイスを活用したコミュニケーション可視化プロジェクト

    テクノロジーの進化によって人事が取得可能なデータも多様化している。テクノロジーで人事は変わるのか。2017年に実施したセンサーデバイスを活用した「コミュニケーション可視化プロジェクト」の分析結果を報告します。

  • 働き方改革で収入は減ったのか

    働き方改革によって残業時間が減少すれば、就業者の収入は減ってしまうのではないか。本稿では全国就業実態パネル調査を用い、働き方改革による労働時間の減少が働くひとの収入にどのような影響を与 えているのかを検証します。


  • 一覧はこちら>

    海外事例

  • デンマークの「フレキシブル・ワーク」

    「フレキシブル・ワーク」は、働く時間、働く場所、休暇の自由度を高めた働き方。第7回のコラムは、ワーク・ライフ・バランス先進国であるデンマークに注目し、新しい働き方を支える政策やフレキシキュリティ、さまざまなフレックスタイムなどに取り組む企業についても紹介します。

  • スウェーデンの「フレキシブル・ワーク」

    「フレキシブル・ワーク」は、働く時間、働く場所、休暇の自由度を高めた働き方。第6回のコラムは、ワーク・ライフ・バランス先進国であるスウェーデンに注目し、新しい働き方を支える政策や、1日6時間勤務などに取り組む企業についても紹介します。


  • 一覧はこちら>

ページの先頭へ