Works 154 巧みに休む

PDFを表示

2019年06月発行

■特集
巧みに休む[5.4 MB]

はじめに そんなに休んで仕事が進むのか、という疑問を持つ人たちへ

●日本人は、なぜ休むのが下手なのか
・日本人は休めているのか
・日本人はなぜ休めないのか 3つの理由
理由1 “休むこと”を軽視している
理由2 法規制が不十分である
理由3 “休まない”組織文化がある

●巧みな休み方を知る・実践する
・巧みに休む1 日々、きちんと疲れを取る
睡眠(いい睡眠とは何か/睡眠の改善に企業が動き始めた/社員の睡眠の質・量を計測/昼寝のための個室を用意)
インターバル制度(休む時間を起点に、労働時間を決める/欧州並みの11時間のインターバルを設定)
つながらない権利(“働かせたい企業”“働きたい個人”を抑制する)
“田舎”に暮らす(サテライトオフィスを海辺の町に設置)

・巧みに休む2 長い休みでリフレッシュする
“山ごもり”の権利(休暇中は、“つながらない”を徹底)
会議をやめる(“ハッピーオーガスト”に連続休暇の取得を推進)
ワーケーション(長期休暇の途中で“働く”)

・Column: 海外の“休み方” Germany
・Column: 海外の“休み方” Norway
・Column: 海外の“休み方” U.S.A.

まとめ:“休むこと”を起点に考え方と行動をどこまで変えられるか/石原直子(本誌編集長)

■連載
・Macro Scope
恐竜は、絶滅していない

・極限のリーダーシップ
国境なき医師団 村田慎二郎氏

・AIのお手並み拝見
識別力

・人事は映画が教えてくれる
『あん』に学ぶ「働くこと」の意味

・統計が物申す
増えた仕事と減った仕事

・人事、仏に学ぶ
社内外の変化に対応するには?

・成功の本質
第102回 aibo(アイボ)/ソニー

FROM EDITORIAL OFFICE
本誌に掲載されているデータは2019年05月22日現在のものです。