Works Index 2018

構造的な人手不足の影響、働き方改革の後押しもあり、すべてのIndexが改善。
「働き方改革関連法」施行に向けて多くの企業で有休の取得促進や労働時間の縮減が行われているほか、「労働契約法改正」による5年間の無期転換ルールの適用開始により有期雇用者の無期転換が進展するなど、働き方が進化する1年に。

コラム版はこちら