これからの時代の「高校卒就職システム」を考える

毎年約20万人の若者が高校卒業後に入職していく。「高校生の就職」は、現代においても日本における重要な職業社会との結節点である。就業社会が急激に変化するなか、高校生がより納得して働きだすための仕組みを考える。

コンテンツ

プロジェクトリーダー

プロジェクトメンバー