定点観測 日本の働き方非正規雇用者の賃金(2020年5月版)

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、2018年における非正規雇用者の時給は1,326円と前年比+10円と増加した(図1)。正規雇用者の時給を1としたときの非正規雇用者の時給(非正規雇用者と正規雇用者の賃金格差)は、0.66倍と前年からやや低下した。賃金格差の改善はやや足踏みしている状況にある。

非正規雇用者が正規雇用者に転換している状況にあって、賃金格差を縮小させていくことは簡単ではない。リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査(JPSED)」を用い、非正規雇用者が正規雇用に転換する比率を年収ごとに算出すると、高い年収の非正規雇用者ほど正規雇用者に転換しやすいことがわかる(図2)。

比較的賃金が高い非正規雇用者ほど先に正規雇用に転換する傾向があるため、正規転換が進んでいる状況では必然的に、残った非正規雇用者の賃金が低くなる傾向があるのだ。また、同様に正規雇用から非正規雇用に転換した人の年収は高い傾向があり、正規雇用から非正規雇用になる人が減少すると、やはり非正規雇用者の賃金が低く算出されてしまう(図3)。

上記の要素を踏まえ、非正規雇用者を取り巻く環境について総合的に判断すると、非正規雇用者の処遇改善は進展しているものと考えられる。同一労働同一賃金が明文化されるなか正規雇用者と非正規雇用者の不合理な処遇の格差は決して許されることではなく、今後、さらなる状況の改善が必要となろう。

図1 非正規雇用者と正規雇用者の賃金格差
2-3-1_v2.png
出典:厚生労働省「賃金構造基本調査」

図2 前年、非正規雇用だった人の収入の変化(今年の雇用形態別、55歳以下に限る)
2-3-2_v2.png
出典:リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査(JPSED)2018、2019」

図3 今年、非正規雇用であった人の収入(前年の雇用形態別、55歳以下に限る)
2-3-3_v2.png
出典:リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査(JPSED)2018、2019」
注:いずれもxa19_p18を用いたウエイト集計を行っている。

文責:坂本貴志(研究員・アナリスト)
※2019年3月時点の本記事はこちら
「定点観測 日本の働き方」一覧へ戻る