続・北欧流 「時間価値」の創造 Web Special Version
はじめに  
会社に寄り添う働き方から、ひとの働き方に寄り添う会社へ  フィンランドの自律型人材育成    教育から就業...
1.自律人材輩出のカギは現場への徹底した権限移譲
 <フィンランド内閣府長官(元教育相) オッリペッカ・ヘイノネン氏 プロフィール>     1964年生まれ...
2.Great Place to Workランクイン常連 正社員の半数が週38時間未満労働
      大学薬局 フィンランド・ヘルシンキ  ヘルシンキ大学基金が...
3.義務教育からシニア層まで続く自律的なワークスタイルの提供
    フィンランド労働健康研究所  フィンランド労働健康研究所は、労働者の健康維持と職場の機能...
まとめ
   今回は、フィンランドのITベンチャーのスーパーセル社、Great Place to Workにラン...
はじめに
 Works誌121号では全30ページにわたり、人生という時間の価値を最大限に高める技法として、エリクソン社などの事...
1.大学と民間企業との深い連携
北欧では、企業と個別の大学との提携に力を注ぐ。特に、企業インターンシップは大学院プログラムの修了要件にも組み込まれ、...
2.ポータルサイトで世界から求人情報
北欧最大規模のビジネススクールでは、世界各国から求人情報が集まるポータルサイトを運営。学生たちは専攻を活かした職務経...
3.学習・実習と雇用との連続性
職員の大半はインターンシップを通じて採用。インターンシップ生の受け入れに行政機関も積極的に関与。インターンシップ先と...
まとめ
 ここまで本誌特集記事に加えて、ストックホルム商科大学とコペンハーゲン商科大学の事例を通じて、インターンシップへの大...

▲ページTOPへ戻る