求職トレンド調査2015
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済活動のグローバル化と情報通信技術の発達によって、世界中で求人・求職行動に大きな変化が生じています。その実態を明らかにするために、ボストン コンサルティング グループ(BCG)とリクルートワークス研究所は共同でリサーチを実施し、 2015年12月にレポート「求職トレンド調査2015」をリリースしました。

世界規模で過去最大級の調査、「入職経路」を明らかに

本調査は、2014年に求職活動を行った世界13カ国の13,000人以上の雇用者を対象としています。13カ国の雇用者数の合計は約17億人で、世界の総雇用者人口の59%にのぼります。求職者の動向を探る国際的な調査では、過去最大級の規模です(回答は主にインターネット経由、ウェイトバック集計)。

とりわけ、実際に仕事を得た人(入職者・転職者)の求職行動や「入職経路」にフォーカスしています。入職経路とは“利用したすべての(求職)手段のうち、現在の仕事を得る上で最も有効/重要だった手段”を示すものであり、これを国際比較可能な形で明らかにした点が本調査の大きな見所となっています。

ここからは「求職トレンド調査2015」のポイントとなるデータを、インフォグラフィックでご覧ください。

求職トレンド調査2015 グローバル及び各国における求職者の行動について、入職経路、求職期間、所得の変化等の観点から見えてきた傾向をまとめた

世界13カ国平均の入職経路  | リファーラル(家族や知人からの紹介) 19% | インターネット求人サイト 33%

傾向01 主流はネットとリファーラル 入職経路として、インターネット求人サイトを挙げた回答者は全回答者の33%、次いで、リファーラルが19%を占めた

国別の入職経路 | 注:有効数字1桁以外小数点以下四捨五入。回答者全員における割合。端数誤差により合計が100%にならないことがある。n=13,202 出所:求職トレンド調査 2015

新聞・雑誌等の紙媒体の求人広告 | インターネット求人サイト | 人材派遣会社 | 人材紹介会社 | 職業訓練プログラム | 公的機関 | OG・OBの紹介 | リファーラル(家族や知人からの紹介) | 会社に直接問い合わせ | その他
  • カナダ
  • フランス
  • ドイツ
  • イタリア
  • 日本
  • イギリス
  • アメリカ
  • ブラジル
  • ロシア
  • インド
  • 中国
  • 南アフリカ
  • オーストラリア

多くの支持を得ているインターネットの求職活動 インターネット求人サイトは、他の求職手段に比べて、より多くの求人案件に最も短時間で応募することができる。私たちは、その容易さとスピードがインターネット求人サイトの人気を押し上げていると考えている。

傾向02 情報収集から内定まで平均13週間 情報収集に8週間、応募から内定まで5週間かけていた

傾向03 所得が増加した転職者は過半数 転職により所得が増加した転職者は、調査対象国の平均で57%

  • 傾向04 転職者の約半数は1~2種類しか求職手段を使っていない
  • 傾向05 GDP成長率の高い国は低い国よりも求職期間が30%ほど短い
  • 傾向06 転職によって仕事満足度が改善した求職者は平均で74%にのぼる
傾向から見えてくる戦略 | 採用担当者の場合 ターゲットに合わせた採用手法を選ぶ | 求職者の場合 多様な求職手段を知り積極的に使う
求職トレンド2015をさらに詳しく知りたい方はこちら

調査概要

本調査は、2014年中に求職活動を行った世界13カ国の13,000人以上の雇用者を対象にした、求職活動のプロセスと成果についての調査である。調査対象の13カ国における雇用者は17億人を数え、世界全体の雇用者30億人の59%を占める。本調査は 、求 職者動向のグローバル調査としては、これまでで最大級の規模であるといえる。回答者数は、オーストラリア、ブラジル、 カナダ、フランス、ドイツ、日本、イタリア、ロシア、南アフリカ、イギリス、アメリカが約820人、インドが約1,600人、中国が約2,400人である。調査対象は、15歳以上で2014年に入職(就職・ 転 職 )した雇用者 (会社員 、パート・アルバイト、公務員)を含み、自営業者、フリーランス、主夫・主婦、学生、退職者、無職者を除く。調査対象の代表性を確保するために、大学卒業以上と高校卒業以下でサンプルを半数ずつ割り付ける補正を行った。ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、 ロシア、イギリス、アメリカではオンライン調査、オース トラリア、中国、インド、南アフリカでは、オンライン調査とオフライン調査を併用した。オンライン調査を主としているため、本調査の結果は、オンライン固有のバイアスやインターネット利用者の回答に比重がかかっているおそれがある点に留意いただきたい。このバイアスを軽減するために、UNESCOやBarro-Leeの最新データを参照して、各国の教育水準と男女比率の実際の構成比に合わせてウェイトバック集計による調整を行った。

多種多様な求職手段を示したユニークな調査

「求職トレンド調査2015」は、グローバルな労働市場における求職者の行動について、国際比較可能な形で包括的に把握した点で、極めてユニークな調査です。本調査に携わったリクルートワークス研究所主任研究員の久米功一は、次のように語っています。

「今回の調査によって、求職手段や入職経路の多様性を改めて確認することができました。よりつぶさに眺めれば、各国における転職の効率性や労働市場の健全性を比較して評価できるかもしれません。企業の人事担当者、求職者、政策担当者、研究者に本調査を有効活用していただければありがたい。今後は、求人・求職行動の新しい動向・兆しも織り込んでいきたい」

調査報告書の全文は、以下からダウンロードいただけます。本調査が、求人・求職活動に関わっているすべての方々にとって、少しでも参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加