サービス産業の「新しい働き方」 ~宿泊業の「働き方改革」を題材に

長年、サービス産業の労働生産性の低さが課題として指摘され続けているにもかかわらず、これまでサービス産業の働き方に抜本的変化は起きてこなかった。これから生産年齢人口が減少していくなかで、サービス産業における働き方改革は待ったなしの状況だ。

どうすれば、サービス産業は働き方改革を実行し、労働生産性を高めることができるか。

サービス産業に適用できるこれからの「新しい働き方」を提言する。

コンテンツ

  • 宿泊業の「働き方改革」10のキーワード
    サービス産業において「働き方改革」は、喫緊の課題である。独自に実施した聞き取り調査などをもとに、働き方改革を実現するための10 のキーワードをまとめた。
  
【インタビュー】宿泊業における「働き方改革」の先進事例
「働き方改革」を進めて成功を収めつつある旅館を紹介。経営者と従業員の方々へのインタビューから改革の糸口を探る。
  

報告書・レポートなど

プロジェクトリーダー

城倉亮(研究員)

プロジェクトメンバー

<2017年度>(※所属等は2018年4月時点)
坂本貴志(研究員/アナリスト)
岡田苑子(アシスタント)

<2016年度>(※所属等は2017年4月時点)
清瀬一善(機関誌Works編集長)
萩原牧子(主任研究員/主任アナリスト)
久米功一(東洋大学経済学部総合政策学科 准教授)
森千恵子(リサーチアシスタント)