research高校版ルーブリック開発のプロセス

  • 開発の目的・背景

    グローバル時代の到来を背景に、2000年代に入り、基礎力、PISA型スキル、非認知能力、21世紀スキルといった測定困難な能力の開発がこれまで以上に重視されています。高等教育機関では、大学生向けに開発された基礎力測定テストPROG の受検者は18 万人を超えました。しかし、文部科学省(平成23年)でも言及されている通り、基礎力は発達段階に応じてその獲得が促進されるものです。大学で発揮している基礎力の前提となるのが、高校での基礎力保有の状況であり、高大連携の観点からも、高校教育にどのように基礎力開発の要素を埋め込むかということはこれまでの課題でもありました。

    (1)各基礎力の保有段階を明らかにし、向上のためのプロセスを可視化できるようにすること
    (2)基礎力の向上にあたって必要な経験機会を明らかにすること
    このプロジェクトは、以上の2点を目的として開始されました。つまり、生徒にとっては、自分の基礎力に自覚的になり、向上のための機会が得られるようにすることを第一義としています。

    測定対象要素

    要素の決定にあたっては、リクルートワークス研究所で開発された基礎力(リンク先;http://www.works-i.com/pdf/r_000122.pdf )を用いました。この枠組みを採択した理由には、以下のとおりです。

    ■対人、対自己、対課題、思考力の大項目の下に11 の中項目、さらにその11 の下位項目として、全部で33 の小項目が定義されており、うち、下図に示すように、対人、対自己、対課題のコンピテンシー要素を用いることで、さまざまなコンピテンシーや基礎力・学士力に対応可能と考えられたこと

    ■平成23 年の中教審『キャリア教育・職業教育の在り方について』で定義された、基礎的・汎用的能力においても、対人・対自己・対課題の概念が取り入れられているため、各学校種で開発が重視されているコンピテンシーとの接続がおこないやすいと考えられたこと

    リクルートワークス研究所の基礎力(2005)の定義に基づいて、対人基礎力、 対自己基礎力、対課題基礎力の3 領域について9 要素を選定しました。選定した要素は下図のとおりです。