research就業構造・人材移動

人口減少が進む一方、グローバル化の進展、個人の価値観や働き方が多様化する中で、個人の働き方や労働力はどのように推移するのか。個人の就職・転職行動や企業の採用行動から見えてくる労働市場はどのような構造を持ち、今度どのように変化していくのか。

リクルートワークス研究所では、国内外の労働市場を分析対象にして、その就業構造や人材移動についての構造や課題を明らかにするために、調査・研究を行っています。

労働力人口や就業構造の短期的な変化や長期的な予測も行っており、働き方や人材マネジメントのこれからのあり方、労働市場が直面している課題政策提言にも積極的に取り組んでいます。

未来予測

主な研究報告・レポート

調査・定点観測

研究員

労働政策センター長
中村 天江

主任研究員
久米 功一
戸田 淳仁