MENU
研究レポート

堀義人氏

堀義人氏
グロービス経営大学院学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー

「ヒト、カネ、チエのビジネスインフラ構築」を標榜し、MBAコースを中心とした経営大
学院、ベンチャーキャピタルによる投資事業などを展開するグロービス。創業者の堀義人氏は、これらビジネスの範疇にとどまらず、各界のリーダーを集めた「G1サミット」、日本のビジョンを描き出し、政策提言などを発信する「100の行動」など、社会的な活動にも積極的に取り組んでいる。そのエネルギッシュな行動力の源泉は、どこにあるのだろうか。

2人の祖父に学んだ、
「明確な志」の大切さ
堀義人氏

リーダーの資質として、「明確な志」を第一に挙げる堀氏。グロービスの経営にせよ社会的活動にせよ、堀氏の志には「社会をよりよくするため、自分は何ができるのか」という視点が常に意識されているようだ。その点について堀氏は、父方と母方、2人の祖父の影響があると語る。

私の父方の祖父、堀義路は、27歳でケンブリッジ大学工学部に留学、帰国後20代で北海道大学工学部の教授になりました。48歳の時には藤原工業大学と慶応義塾大学を合併させることで、慶應義塾大学の理工学部を創りました。戦後も各種工学系の国際会議議長などを務めていたのですが、私が9歳のとき、飛行機事故で亡くなりました。葬儀の後、祖父の追悼集を渡されました。そのタイトルが『吾人の任務』です。それは祖父が20代に書いたエッセイから取られたもので、自分の任務、ミッションを意味します。祖父は人生を通して、自らが20代のときに設定した「吾人の任務」を全うしたのだと思います。

一方、母方の祖父は真鍋梅一という四国の政治家でした。この祖父は、社会の悪を政治の力を通じて退治しようという志をもった熱血漢でした。公害問題と戦い、社会的弱者に生きる喜びを与える努力をし続けたのです。この母方の祖父は、私が19歳のときに他界しました。

私はこの2人の祖父の影響で、大学のころまでは政治家か科学者、二者択一のキャリアを考えていたと思います。ところが工学部に進学した大学生活や、さまざまなアルバイトで広く社会勉強をした休学期間を経て、政治家も科学者も自分には向いていないと思うようになりました。結局、人と会うことが好きで英語を活用したい、ビジネスに向いているかもしれないと思い、総合商社への就職を決意しました。

ですが、2人の祖父の生き様から感じた、「自らの使命は何か?」という問いかけは、私に強い影響を与えました。働いていた総合商社の社内制度でハーバード・ビジネス・スクール(HBS)に留学し、MBAを取得した後にグロービスの立ち上げを決意するのですが、この問いかけがあったからこそ、起業の決意を固めることになったのだと思います。

2015年02月27日