MENU
研究レポート

土井香苗氏

土井香苗氏
NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表、弁護士

世界最大の民間の人権保護団体であるNGOヒューマン・ライツ・ウォッチは、1978年の設立以来、世界中の虐げられている人々の権利と尊厳を守るため活動してきた。現在、約90カ国の人権状況を常に監視し、人権侵害国に圧力をかけ、世界各国の政府に政策提言を行っている。その日本支部の代表を務めているのが土井香苗氏だ。2008年に自ら日本支部を立ち上げ、その代表に就任して以来、国際人権保護活動に尽力。日本政府に働きかけて国連に北朝鮮の調査委員会を設立させるなど数々の実績を残してきた。世界の人権問題に立ち向かう土井氏のリーダーとしての能力はどのように育まれてきたのだろうか。

虐げられている人を支援したい
運命を決定づけた1冊の本

土井氏は、現在取り組んでいる国際的人権養護活動を志した原点のひとつとして、中学時代の1冊の本との出会いを挙げている。難民支援活動家である犬養道子氏が書いた『人間の大地』。初めて紛争、難民、飢餓、南北問題などで苦しんでいる人たちの存在を知り、将来彼らを助ける活動がしたいと思った。しかし当然ながら『人間の大地』を読んだのは土井氏だけではない。なぜその後の人生を決定づけるほどの衝撃を受けたのだろうか。

中学生のときに、初めてイギリスにホームステイに行きました。2~3週間という短い間でしたが、そのとき、ヨーロッパ中から集まって来た子どもたちと交流して、世界にはいろいろな人がいるのね、ということを初めて体感したんです。そのとき以来、国際的な仕事がしたいなと思い、「あなたの将来の夢は?」と聞かれたとき、取りあえず「外交官」と答えていたんです。でも、犬養道子さんが書いた『人間の大地』を知って、「ははあ、なるほど」と。国際的な仕事であれば何でもいいという話ではなくて、犬養さんのように虐げられている人を支援したいと、自分が就きたい職業が絞り込まれていったのです。

今のような仕事をしているくらいですから、子どもの頃からたぶん正義感は強い方だったんだと思います。だけど私はアンパンマンのような正義の味方になるぞ!というような子どもではなかった。心の中に正義感みたいなものはあったけれど、正義感を振りかざしていくタイプではなかったんです。勉強では優等生でしたけれども、みんなの前に出て何かやろうという積極性はまったくありませんでした。

今でもよく覚えていますが、小学校でいじめがあったときも、とにかくいじめられている子がすごくかわいそうだと思うと同時に、自分がいじめられたらどうしようって、どちらかというとすごくびくびくしていた方でした。

そんな土井氏が今では人権を侵害している国に対してやめるように勧告するといういわば国際的に「正義感を振りかざす」仕事をしている。きっかけとなったのは大学4年生のときピースボートの一員として船旅をし、その延長線上のプロジェクトとしてアフリカの新独立国であるエリトリアで、司法ボランティアとして活動したこと。世界各国の法律のリサーチなど、新しい国の法律づくりに貢献した。このときの経験が土井氏をリーダーたらしめる上で大きく影響している。

ピースボートのやり方のすごいところは、どんな人の力でも使ってしまう、というところなんですよ。それはいわゆる一般的な会社とか学校とかと、まったく逆のやり方ですね。学校や会社では、基本的に上から命令されたことを素早く正確にやれる人が高く評価されますが、ピースボートは全然違いました。

あの船に乗っていると、毎日企画会議みたいなものが行われていて、乗船している人は誰でも参加できて、「こんなことがやりたい」と発言して、その場にいる人を納得させることができれば実際に企画を立ち上げることができるんです。そうやって企画を立ち上げて人々を集めて自分のやりたいように転がしていくのがうまい人が、ピースボートにはたくさんいて、すごいなと思いました。これがリーダーシップというものを初めて間近で見て、学んだ経験だと思います。中学・高校・大学までは、やっぱり命令や指示にいかによく従うかということが物差しだったので、それはびっくりしました。

エリトリアに行ったとき、私一人だけではなくて、ピースボートの創設者の一人、吉岡達也さんと一緒に私のサポートチームみたいなものをつくったんです。チームができていろいろやらなければならない仕事が増えて、結構忙しくなりました。当時大学生だった私が独りでエリトリアに行っても日本の法制度を紹介するには不十分だろうということで、政府から資金援助してもらって日本の法律家を2~3名エリトリアに連れてくるとか、そんなプロジェクトをいくつか進行させていました。

そのとき人々に無償で動いてもらうということも初めて経験しました。なるべく多くの仕事を人に振らないといけないんですけど、どのようにして喜んで引き受けていただくかということを本当に初めて考えました。これが私のリーダーとしての原体験ですが、とてもいい経験でしたね。
たとえ偶然、たまたまであったとしても、自分がリーダーになって実際に人を引っぱっていったという実体験、チームを束ねて率いる責任者の地位を身をもって経験したということが、いろいろな意味で私のリーダーシップを磨いてくれた。そういう立場にある日突然おかれたことがすごくよかったと思います。

また、吉岡さんというピースボートのリーダーがいてくれたこともよかった。彼は人を巻き込むことがすごくうまい。ある意味私も巻き込まれちゃった。元々は単に私一人でエリトリアに行けばいいと思っていたのに、なぜかチームのリーダーになっちゃって、いろいろプロジェクトを立ち上げなきゃいけなくなり大変になってしまった。そのおかげで私のリーダーシップ・スキルは少し磨かれました。そういうものじゃないんですかね、人を巻き込む人というのは。巻き込まれた方は「大変になっちゃったよ、こいつのせいで」と思う。しかもお金ももらえるわけじゃない。でもなんか憎めない。彼は本当にそういう人でした。

うまく巻き込むためには、当たり前のことなのですが、何かをやってくれたら「ありがとう」とちゃんと感謝をすることが非常に重要です。人間誰でも感謝をされると嬉しいものですよね。だからアスク(ask)とサンク(thank)、これがセットであるということはまず大原則だと思いますね。

2015年02月13日