2014年度研究プロジェクト

2.どのような国や地域で「社会リーダー」は多く創造されているのか

「社会リーダー」が数多く生まれている国や地域とは

「社会リーダー」が数多く生まれているのは、アメリカ、イギリス、日本、それとも最貧国と言われる国々なのか。どのような国や地域において、「社会リーダー」が創造されているのかについて考えてみたい。

「社会リーダー」が数多く生まれている国や地域の人々は、「社会リーダー」の貢献を享受しており、精神的あるいは経済的に豊かであるか、もしくは急速に豊かになりつつあるはずであると仮定してみよう。これは、「社会リーダー」が人々の未来を豊かにすることを自覚する人物である以上、彼らは身近な人々が困難を抱えていたら、まずはその解決に、そしてそれを含めた全体に手を差し伸べようと考えると推測できるからだ。その観点から考えて、ここでは国民の幸福度を測る重要な指標と言える「生活満足度」と「家計所得」が高い北欧諸国、アメリカ、イギリスを中心に着目してみることにする。これらの国におけるリーダー、エリート、アントレプレナー、イノベーターの育成の仕組みをたどってみることで、「社会リーダー」創造のメカニズムのヒントが見えてくるのではないかと期待する。また、これらの国とは反対に、国民の幸福度が高くない国においても、グローバルレベルで活動する「社会リーダー」は存在しているのも事実であるが、今回は調査対象国から割愛することを断っておく。

2015年06月03日