2014年度研究プロジェクト

超進学校側の問題――育てていない「社会牽引の担い手」としての自覚
以上が、新しい試みを通して得られた発見と示唆である。これまでのリーダー論とは一線を画す議論が提示できたと判断しているが、まとめとして抽出されるのはそれだけではない。というのは、得られた発見を起点にすることでみえてくる局面もあり、むしろそれこそが、本連載コラムの親プロジェクト「社会リーダーの創造」にとって、重要な論点を指し示すようにも思われるからである。最後にこの点について説明し、全7回にわたるコラムを終えることにしたい。

新たにみえてくる局面というのは、次のような視点から超進学校卒業生の現状を眺めたときにあらわれてくる。たとえば、卒業生たちのなかには、リーダー素質を備えながらも、能力を十分に発揮できない状況に置かれている者がいた。その理由を、卒業生の側に「大きな仕事を任せてみたい」「こいつに賭けてみたい」と思わせるほどの強い魅力がないからだと考えることはできないか。イメージ調査でみられた実態とは異なるイメージも同様だ。卒業生たちが「単なる受験の勝者」というイメージを覆すほどのインパクトを有した人材になっていないために、「人間関係が不得手」や「頭でっかち」だとみられているのではないか。要は肯定的なイメージや評判を形成するには、それなりの強い特性が必要だという発想によるものだが、こうした可能性を念頭に置きつつ調査データを見直すと、気になる傾向が見出せた。

図1は、開成・灘卒業生たちの3つの特性を取り上げ、「中高時代」「大学時代」「就業後~現在」それぞれの状況を示したものである。リーダー素質や世代を限定するなどして4つのパターンのグラフを作成したが、ここからは(1)開成や灘の卒業生たちは、もともと与えられた課題をこなすことを得意としており、問題点や批判点を見出す力も順調に獲得している、(2)しかしながら「社会を引っ張る」という次元になると、その意欲の伸びに鈍さが認められるようになり、とりわけ中高時代の成長は乏しい、(3)リーダーの素質がある者であっても、若い世代ほど以上の傾向が強くなる、といったことがみえてくる。

図1 開成・灘卒業生の特性変化
07_01_01

目の前にある具体的な問題や課題には的確に対応する。けれども、頼もしさに欠けるところがあり、超進学校で学んでも、生まれ持った才能を社会のために活かそうと考えるようになるわけではない。やや穿った見方かもしれないが、実態としてリーダーの素質をどれほど持っているかということより、こうした卒業生たちの弱い部分がマイナスの評価を生み出し、同時に十分な活躍の場が与えられない1つの原因になっているとは考えられないだろうか。

2015年05月19日