MENU
研究レポート

第6回「開成卒リーダー」vs.「灘卒リーダー」
~共通点と相違点は何か~

尊重される「生徒の自主性」
これまでのコラムでも幾度か引用してきた『「開成×灘式」思春期男子を伸ばすコツ』(柳沢幸雄+和田孫博著,中公新書ラクレ,2014年)は、最後に開成と灘の両校長による対談を載せている。その対談の冒頭、相手の原稿への感想を求められた柳沢幸雄氏(開成中学校・高等学校の現校長)は、次のように答えていた。

和田先生の回答を読んでいて、「あっこれ私が書いていることなのかな、いや、和田先生の原稿だ」とそんな錯覚が何度かしたのです。
おそらく開成と灘だけでなく、同じ中高一貫校男子の麻布や武蔵にも、やはり共通するトーンが流れているのではないかと思います。
立地条件であるとか歴史とかによって校風に違いは出てくるだろうけれど、根底に流れる共通するものがある。それをひとことで言えば「生徒の自主性」です。
『「開成×灘式」思春期男子を伸ばすコツ』204頁

生徒の自主性――この言葉は、たしかに開成や灘の教育を語るときの重要なキーワードになっているようだ。というのは、私たちが実施した開成・灘卒業生調査でも、「自主性」や「自由な校風」という言葉を使いながら、与えられた教育環境を評価する卒業生の声が数多く寄せられたからである。「後輩へのアドバイスやメッセージ」もしくは「中学校・高等学校の教育についての意見や提案」として記された意見のことだが、その一部を紹介すれば、以下のようなものがある。

勉強ばかりをやらせるイメージが入学前はあったが、あくまで生徒の自主性を重んじる校風だった。社会に出たら自分で何とかする、自分で行動をすることが大事なので、いいことだと思う。

(開成卒業生,30代,製造業・建設業勤務)

自由な校風が好きでした。先生方も一味違った素晴らしい方が多かったですし、友人も多才で尊敬できる優秀な皆さんでした。

(開成卒業生,50代,官公庁勤務)

東大合格者数などの結果を出そうと必死になっている進学校とは一線を画する灘の教育姿勢は素晴らしかったと思う。生徒の自主性を重んじた教育というものを本当に実践している数少ない学校だと思う。

(灘卒業生,40代,官公庁勤務)

自由な校風がとても気に入っていました。今も灘高の卒業生であることを誇りに思っています。

(灘卒業生,50代,サービス業勤務)

2015年04月28日