MENU
研究レポート

第5回 仕事で開花するリーダー、芽が摘まれてしまうリーダー

リーダーたちの芽は摘まれているのか
勉強のみならず、学校行事・課外活動、読書などにも精力的に取り組んでいた超進学校の卒業生たち。こうした活動が、リーダーとしての素質形成に結びついていることは、これまでのコラムで明らかにしてきたところである。そのうえでみてもらいたいのが、次の指摘だ。本連載コラムで取り上げている開成中学校・高等学校の現校長、柳沢幸雄氏が『「開成×灘式」思春期男子を伸ばすコツ』(柳沢幸雄+和田孫博著,中公新書ラクレ,2014年)のなかで述べているものである。

中学生、高校生にリーダーシップを身につけさせるには、これからどうしたらいいかと問われることが多いのですが、私はリーダーシップをとれる生徒はすでにたくさんいることを知っています。
むしろ、私は社会にこう問いたい。
「リーダーシップのとれる卒業生をどう処遇してくれますか」と。この問いに答えがなければ、私は生徒らに、リーダーシップ教育とともに、「日本でリーダーシップを発揮するのはしんどいことだ」と伝えなければならないのです。
『「開成×灘式」思春期男子を伸ばすコツ』62-63頁

ハーバード大学の教員として、長らくアメリカに在住していたからこその指摘であろう。閉塞的といえばいいのか、保守的といえばいいのか。日本社会には、リーダーたちの芽を摘んでしまう特性があるように見受けられる。「出る杭は打たれる」とはよく言ったものだ。

第5回目であるこのコラムでは、こうした「リーダーの働きにくさ」問題について考えることにしたい。リーダーとして成長した卒業生たちは、生き生きと働くことができているのか。自分の能力を活かすような働き方ができているのか。もしリーダーによって状況が異なるとすれば、違いをもたらしているものは何なのか。

前回のコラムでは、「他人には描けないような、大きなビジョンやプランを描きたいと思う(課題関連行動)」と「喜んで自分についてきてくれる人がいる(人間関連行動)」という2つのリーダー素質に加え、「自分(たち)の仕事は、社会に新たな価値を生み出すものである(価値創造行動)」も兼ね備えた「社会リーダー」へと議論を進めた。ただ、そこで「社会リーダー≒リーダー」という関係が見出せたこと、さらに価値創造行動をめぐる調査項目は灘卒業生調査にしか設定していないことなどを考慮し、ここからは再び「リーダー」というカテゴリーに立ち戻り、開成・灘双方の卒業生データから以上の問いについて検討を加えていきたいと思う。

2015年04月14日