MENU
研究レポート

朝比奈一郎氏

朝比奈一郎氏 青山社中株式会社 筆頭代表(CEO)

朝比奈一郎氏は経産官僚時代に「プロジェクトK(新しい霞ヶ関を創る若手の会)」なる組織をつくり、その代表として中央官庁の縦割り打破と官僚の政策立案能力の向上を目的とした活動を繰り広げた「改革の士」である。その朝比奈氏が官僚を辞し、2010年、志を同じくする仲間とともに立ち上げたのが世直し法人「青山社中」。今後の日本を支えるリーダー育成と新たな政策策定、そして組織づくりを事業の3本柱にすえた株式会社である。2011年5月からリーダー育成のための塾を開講、座学編1年、実践編4年というプログラムが進行中だ。自ら塾頭をつとめる朝比奈氏に、育成の要諦を聞いた。

目指すのは思考力と行動力を備えた人材

― 朝比奈さんが塾頭をつとめている青山社中リーダー塾にも、われわれのいう社会リーダーの候補者のような人材たちがたくさん在籍していると思います。どんな方が、何人くらいいらっしゃるのでしょうか。

朝比奈 今は第4期までで全体で80名ほどですね。年齢は原則35歳以下、うち10名強が官僚で、あとは、銀行員、商社、IT企業といった大企業の人、自分で事業をやっている人、教師、ジャーナリスト、大学生などです。

― 塾ではどんな人材の育成を目指しているのでしょうか。

朝比奈 一言でいえば、「国や社会のことを考え、変革に向けた行動を起こすことができる人材」です。考えることと行動を起こすこと、この両立が結構難しい。
片方ができる人はいくらでもいます。私がいた官僚の世界はもちろん、たとえばメディアの世界にも、博識で頭がよく、国や社会のことを深く考えて問題点を指摘できる人がたくさんいる。でもそれを実現するために具体的な行動を起こすかというと、NOですね。ほとんどの人は起こさないんです。

― 考えるけれども、行動はしないと。

朝比奈 はい。一方で、行動が得意な人も結構いるんです。最近、シンガポールに拠点を移したある起業家と会いました。若いのに行動力抜群です。その彼になぜ日本ではなくシンガポールなのかと聞いたところ、「日本よりも税金が安いから」とあっけらかんと答えるんです。経営上は合理的な判断であるのは間違いありませんが、一方でそれだけの理由で日本から離れるのはどうかと思うんです。そういう人は日本という国や社会のことをきちんと考えているとは思えません。
今は社会起業家という人たちも結構な数います。困っている人を助けようとNPOや会社をつくるわけですが、なかには、それこそ国や社会のことをしっかり考えず、突っ走っているだけの人もいる。たとえていうと、足元のゴミを拾うための組織を立ち上げているようなものです。
ところが、よく見ると、近くに流れている川が度々氾濫を起こしており、それが原因で川の中にあったゴミが打ち上げられ堆積している。問題の根本原因は川の上流で大量のゴミが捨てられ、しかも川が頻繁に氾濫を起こすことなのに、そこに目が向かないんですね。こういう人も国や社会のことをしっかり考えているとは言い難いでしょう。

2015年01月29日