researchタスクマネジメントを起点とした働き方改革モデル

長年、サービス産業の労働生産性の低さが課題として指摘され続けているにもかかわらず、これまでサービス産業の働き方に抜本的変化は起きてこなかった。
これから生産年齢人口が減少していくなかで、サービス産業における働き方改革は待ったなしの状況だ。
どうすれば、サービス産業は働き方改革を実行し、労働生産性を高めていくことができるのか。

本レポートでは、宿泊業、飲食業、小売業を主な調査対象としながら、広くサービス産業に適用できるこれからの「新しい働き方」を提言する。

報告書