ピープル・アナリティクスを活用した生産性向上
本研究プロジェクトについて

テクノロジーの進展に伴い、「ピープル・アナリティクス」が近年、世界の人事関係者の間で注目され始めています。ピープル・アナリティクスとは、人材・組織に関するデータを収集・分析することによって、人材マネジメントを科学的に行うための手法です。人材マネジメントの権威ウルリッチは、人事部門のコンピテンシー最新版(2015年)において、「アナリティクスのデザイナーおよび解釈者」という役割を提唱するようになりました。

米国では2011年頃から人事の重要テーマとして浮上し、グーグルやフェイスブックなどの先進企業では、既に人事部門内にピープル・アナリティクス部隊が存在しています。これらの会社では、離職・アサインと給与水準などとの相関関係について分析を行っているようです。また、オラクルやワークデイといったERPベンダーも、人材のパフォーマンスや離職に関する分析パッケージを自社製品に搭載してきています。

しかしながら、私たちは、日米企業へのインタビューを通じて、まだこの分野は発展途上であるという現実を目の当たりにしました。その理由は、多くの企業においては、データの収集と簡易な分析に留まっていて、人材マネジメントの革新に寄与するに至っていなかったからです。
では、現在のピープル・アナリティクスのどこに問題があり、何を解決すれば、大幅な進歩が見込めるのか。私たちはこのような問題意識の下、以下を明らかにするプロジェクトを立ち上げました。

1.ピープル・アナリティクスとは何か?(定義を明らかにする)
2.ピープル・アナリティクスによって、何が実現されてきたのか?(歴史と実態を正しくとらえる)
3.ピープル・アナリティクスによって、これから何が実現されるのか?(未来を予測する)


>>前のページに戻る