2016年度研究プロジェクト
ピープル・アナリティクスを活用した生産性向上

ピープル・アナリティクスを活用した生産性向上

人材・組織に関するデータを収集・分析することによって、より科学的な人材マネジメントを実現するための手法である「ピープル・アナリティクス」。言葉こそ新しいですが、日本企業が伝統的に取り組んできたことも数多くあります。そこで、その歴史を振り返るとともに、識者との対話や実証実験などを通じて、その未来を見通します。

未来を見通す

過去を振り返る

研究概要

プロジェクトリーダー

清瀬一善(主任研究員)

プロジェクトメンバー

城倉亮(研究員)
入倉由理子(Works編集)
鹿内学(株式会社リクルートキャリア)
森亜紀(アシスタント)