このインタビューでは、UターンIターンし活躍している本人とその上司の方にインタビューを行い、本人がどんな思いで転職を決意し、現場で本人、上司が何に悩み、何が問題解決のポイントになったのか、具体的な事例の紹介を通じて、活躍のポイントを明らかにする。

※調査結果をとりまとめた研究レポート 「UIターン人材活躍のセオリー」


北海道に戻って、開発の仕事に新たにチャレンジ

山梨でエンジニアとして勤務の後、北海道へUターンし活躍する池田氏と研修担当の方々にUターンの経緯とその活躍のポイントについて伺った。

【本人インタビュー】

株式会社GSI
池田 和也氏

<プロフィール>
北海道出身。北海道で約1年間勤務した後に山梨へ転勤し約6年3カ月勤務。2015年に株式会社GSIに採用される。


30歳を区切りに、地元北海道へ戻って新たなチャレンジをすることを決意

―札幌にUターンするまでの経緯を教えてください。

大学を卒業して北海道のIT企業に入社しました。もともと大学が工業大学でIT系の学科だったこともあり、システムエンジニアに就きたいと考えました。はじめの1年間は北海道で勤務していたのですが、2年目に山梨県甲府市に転勤になりました。そこから約6年3カ月、保守の仕事に携わった後に、2015年8月にGSIに入社しました。

転職のきっかけは、もともとプログラムをつくることが好きだったので、このままずっと保守をやっていていいのか、開発の仕事がしたいと思ったことです。今年で30歳になるので、区切りとしてもちょうどよいと思い、転職しようと考えました。山梨にいたときには、急に地元に戻ってこなければならないときに、時間やお金がかかり、転職するならば、なるべく地元でという考えがありました。

―今の会社を選んだ理由を教えてください。

保守の仕事が面白くないわけではなかったのですが、十分に満足感を得られていない部分もあり、転職を検討しました。

今の会社にした理由の1つは、札幌市内で転勤にならないということ、もう1つは、それまでずっと保守の仕事をしてきて、開発はブランクがあったので、研修もしっかりしてくれるというところ、そこが大きかったです。保守から開発に仕事を変えるとなると、スキル的には不安がありましたので。

―Uターンをされるタイミングで困ったことは何かありましたか。

前の会社を辞める前にも、1社北海道の会社を受けたのですが、面接に来るときに、時間や交通費がかなりかかってしまうのが、厳しいと思っていました。山梨から東京に出て、札幌に来るとなると、待ち時間も含めて、7、8時間はかかります。だから、朝早く出ても、昼ぐらいに着くような感じで、仕事をしながら求職するのは、難しいなと思っていました。


転職後に活きている経験は・・・


[1] [2] [3] 次のページへ