このインタビューでは、UターンIターンし活躍している本人とその上司の方にインタビューを行い、本人がどんな思いで転職を決意し、現場で本人、上司が何に悩み、何が問題解決のポイントになったのか、具体的な事例の紹介を通じて、活躍のポイントを明らかにする。

※調査結果をとりまとめた研究レポート 「UIターン人材活躍のセオリー」


東京での経験、転職先でのサポート。新しいスタイルを取り入れてトップクラス講師に

東京で塾講師として勤務の後、福岡へIターンし活躍する橋本氏と上司の木下氏にIターンの経緯とその活躍のポイントについて伺った。

【本人インタビュー】

英進館株式会社
橋本 隆佑氏

<プロフィール>
東京都出身。東京で契約社員として約10年勤務した後、2011年に英進館株式会社に採用される。


最終的な決断は「チャレンジしたい」という思い

―Iターンされた理由を教えてください。

大学を卒業後、資格試験の勉強をしながら、契約社員で塾講師をやっていました。資格試験もそろそろ見切りをつける時期かなと思い始めていた頃に、Uターンされていた以前の上司から「福岡でやってみないか」という誘いをいただきました。生まれも育ちも東京で、九州に行ったことがなく、正直、福岡が九州のどの辺りにあるかもよくわからない状態でした。

福岡に来た理由は、2つあるのですが、1つは、東京で正社員になると、今までの仕事の延長線になってしまい、自分が成長できないのではと疑問を持ったことです。もう1つは、中学受験をメインにやってきたのですが、東京で培ってきた技術がどれだけ活かせるか、チャレンジの意味も込めて、その土地でナンバーワンのところに入って自分を試してみたいと考えました。東京でも誘いがありましたが、最終的な決断は、「チャレンジしたい」というのが大きな要因です。

―転職された当初のことを教えてください。

3月に入社したのですが、そのときがちょうどいちばん忙しい時期でした。新たな学年がスタートしていると思って入社したら、東京と違って3月に公立高校の入試があって、相当ばたばたしているときだったものですから、自分も何もできない歯がゆさはありました。加えて、中学受験よりも高校受験のほうが中心だというのを知ったときに、「本当に自分が必要なのか」という不安を感じました。何事も、初めてのときは不安が付きまとうものなのだと思います。

身内もいないですし、最初は会社の人たちと仲がいいわけでもなかったので、たとえば病気とか何かで倒れたときはどうしようとか、いろいろ考えたこともありました。でも、徐々に、仲間も増え、話もできるようになっていきました。

―転職されて気をつけていたことを教えてください。

せっかく新しいものを持ってきたので、お互いにいい影響を与えあうためには、自分がやってきたスタイルも伝えていかなければいけないと考えました。福岡では、昔ながらの講義形式で、一方的に教えるスタイルが一般的です。東京でやっていたときは、問題を解きながら、解き方を発表させて、討論しながらやっていくというスタイルでした。
福岡でもそれを採り入れて授業をしてみると、子どもたちの反応もよくて、「やってきたことは間違いなかったんだな」と感じたので、あとは、自分のスタイルをほかの教師にも伝えて、採り入れられるところは採り入れてもらえればいいと思っています。


転職後の活躍を支えてくれたのは・・・


[1] [2] [3] 次のページへ