このインタビューでは、UターンIターンし活躍している本人とその上司の方にインタビューを行い、本人がどんな思いで転職を決意し、現場で本人、上司が何に悩み、何が問題解決のポイントになったのか、具体的な事例の紹介を通じて、活躍のポイントを明らかにする。

※調査結果をとりまとめた研究レポート 「UIターン人材活躍のセオリー」


石巻で新たに築いたネットワークと東京での人脈を活用し、石巻の6次産業化を推進

東京で10年間の勤務の後、宮城県石巻市へIターンし活躍する森氏と上司の村上氏にIターンの経緯とその活躍のポイントについて伺った。

【本人インタビュー】

石巻市6次産業化・地産地消推進センター 産業復興支援員
森 優真氏

<プロフィール>
神奈川県出身。東京で10年勤務した後、2014年に石巻市6次産業化・地産地消推進センターに採用される。


東京にいても石巻のネットワークを広げられる機会はあって、それを徹底的に活用した

―石巻にIターンするまでの経緯を教えてください。

関東出身で、ずっと東京で仕事していて、2014年11月に石巻に来ました。
ダイビングが趣味で離島に行くことが多かったのですが、地元の人たちと触れ合うなかで、島での仕事がない、特に1次産業の漁業が衰退している、という現実を目の当たりにしていて、そこに対して何かアプローチできないかという思いがありました。

被災地は、震災から2、3年経った頃から、補助金・助成金などの新しい制度、特区がつくられてきて、石巻は漁業の町なので、漁業に対して新しいことができる環境が整備されてきました。「WORK FOR 東北」という被災地の行政関連の人手不足に対して民間の人をマッチングさせるサービスを通じてこのセンターに応募しました。

―移住のハードルは高くありませんでしたか。

石巻に来たのは、32、33歳のときですが、ハードルはめちゃくちゃ高かったですね。ただ、自分のやりたいことが実現できる可能性が極めて高いということと、移住前にボランティアで活動しているときに知り合いもできていました。震災後からずっと東京から石巻に通っていましたし、東京で開催された震災関連のイベントにも行って、関係を構築していました。東京にいながらでも石巻のネットワークを広げられる機会はあったので、それを徹底的に活用していました。そこに、たまたまいいご縁、いいお話があって石巻に来たということです。

―今の仕事について教えてください。

その名のとおり6次化をサポートする事業ですが、6次化というのは、たとえば、農家の人がイチゴをつくり、加工してジャムにして、販売に至るまで、全て自身ですることを指します。

そもそも商品をつくるところからつまずいている人もいれば、パッケージができないからデザインのサポートが必要な場合もあり、あるいは、販路に困っているから売り先をつなげてほしいなど、商品を売るためのあらゆるサポートをしています。
私たちが直接何かするのではなく、たとえばパッケージをつくってほしいということであれば、デザイナーやカメラマンを紹介したり、販路に困っていたら流通に詳しい人を紹介したり、そういう仲介のマッチングをやっているのと、もう1つは、出口戦略の1つとして、ネット販売サイトを立ち上げて、運営しています。


[1] [2] [3] 次のページへ