全4 期を概観したうえで改革期、調整期に分ける
われわれは約150 年にわたる日本の近現代を4 期に分け、それぞれの期を代表する2 人のリーダー、計8 人の前半生を見てきた(Chart1「本編で取り上げてきた8 人の社会リーダーたち」参照)。

幕末から明治初期にあたる第Ⅰ期で取り上げたのは、初代文部大臣をつとめた森有礼、慶應義塾の創設者・福沢諭吉という、いずれも教育関係者であった。
日露戦争から先の敗戦までを区切りとした第Ⅱ 期では、事業家・鮎川義介と、社会運動家・賀川豊彦に、敗戦後から高度成長期に至る第Ⅲ期は、流通王・中内功と、ミスター通産官僚・佐橋滋にスポットライトをあてた。
現在に連なる第Ⅳ期を飾ったのは、稲盛和夫、孫正義という現役のカリスマ経営者であった。

※画像をクリックすると拡大します
全4 期をまとめると以下のようになる。
欧米流の「近代」国家の建設を模索した時期が第Ⅰ期、つくり上げた国家の諸制度のチューニングに腐心しつつ、国際環境を見誤り、あえなく挫折したのが第Ⅱ期、失敗から立ち上がり、新憲法のもと、今度は欧米流の豊かな「民主」国家を目指したのが第Ⅲ期、目標を半ば達成してしまい、新たな課題に直面しながらも、何とか前進しつつあるのが、現在を含む第Ⅳ期である。

一方、これら4 期をもっと別の視点から分類することもできる。
シンプルに、改革期と調整期に分けるとしたら、第Ⅰ期と第Ⅲ期が前者、第Ⅱ期と第Ⅳ期が後者である。
改革期のリーダーが森・福沢・中内・佐橋、調整期のリーダーは鮎川・賀川・稲盛・孫ということになる。
改革期は当然のことながら、リーダーが多い。 それに対して調整期は少なくなる。各期の人選において、実感したことだ。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]  [8] 次のページへ