research2014年 研究プロジェクト

研究プロジェクト一覧

次世代シニアが活躍できる社会づくり

2030年を見据えて、バブル入社世代、団塊ジュニア世代などがそれぞれイキイキと働いているために、企業、社会に何が必要か。
シニアにまつわる構造を整理、予測し、2030年にシニアの持つ能力や経験を最大限生かせている社会を作るための打ち手(民間企業へ、政府等行政へ)を提示する。

>>サイトはこちら

「社会リーダー」の創造

今、日本社会に渇望されている「社会リーダー」=新たな社会の枠組みを創造し、人々の未来を豊かにすることを、自らの使命と自覚している人材。
本プロジェクトでは、社会リーダーの思考行動特性を解明し、彼らを数多く生み出す教育システム、人材育成システムを提言していく。

>>サイトはこちら


グローバル調査(マネジャーの国際比較)

新興国の成長に伴い、マネジメント人材が不足する中、海外現地法人では、現地の優れたマネジャーの獲得と活用が課題となっている。
中国、インド、タイ、米国、日本の各国のマネジャーのキャリアとマネジメントの実態を明らかにして、その獲得・活用策を導き出す。

>>サイトはこちら


「2025年の働く」予測

グローバル化、超高齢化、労働力人口の減少…。
様々な社会課題が表出する2025年。
人々の働き方と働く場はどのように変化するのか。
定量予測を実施し、そのうえで「働く」のビジョンを提示する。

>>サイトはこちら


ホワイトカラーの時短研究

本プロジェクトでは、日本企業で働くホワイトカラー労働者が、労働時間を短縮し、生産性高く働くには何が不足しており、何を変革することが必要なのかを考え、日本企業と日本の労働者に問いかけていく。
特に、「個人の努力」を超えた組織としての変革、チームを率いるマネジャーの手腕やスキルに着目する。

>>サイトはこちら

東京オリンピックがもたらす雇用インパクト

2020年、東京オリンピックが開催されるその時に、日本で、東京で、人々はいきいきと働いているのだろうか。東京と同じ成熟都市で行われた2012年のロンドンオリンピックの経済・雇用影響をレビューし、東京オリンピックが生み出す人材ニーズを予測した。人材獲得難が予想される2020年に向けて、その構造要因をふまえ、雇用政策アジェンダを提示する。

>>サイトはこちら