research2011「未来予測2020」

2011年度の研究テーマは、「未来予測2020」。10年後の人と組織は、どうなっているのかを、さまざまな角度から探索することとしました。

日本の労働力人口は、すでに減少し始めています。若年労働力はこの10年で激減し、さらに減少を続けます。そして、労働力人口のピークであるバブル入社世代・団塊ジュニア世代が50歳前後となり、日本の労働力はかつてない人口ピラミッドとなります。

ますます進むグローバル化。中国、インド、アセアン諸国などのアジアの台頭などにより、日本の国際的な地位が低下し始めています。日本の経済成長を危ぶむ声が、いたるところから聞こえてきます。

ほかにも、さまざまな社会環境変化が予期される中で、企業の雇用は、人材マネジメントは、どのように変わっていくのか。働く個人の意識や行動には、どのような変容が起きるのか。そして、労働市場に、教育機関に起きる変化は何か。

未来研究に、正解はありません。科学的な手法には限界もあります。しかし、データに基づくシミュレーション、多くの知見を集約しての未来シナリオ作りなどなど、さまざまなアプローチによって、この壮大なテーマに取り組んでいきます。

2020年・近未来の人と組織

「Works Review Vol.007」

高齢社会の未来プロジェクト

研究テーマ:高齢期の就業実態・意識に関する調査研究

専門家のヒアリングと、3つの定量調査によって高齢期における就業実態・意識の特徴を明らかにした。

女性活用の未来プロジェクト

企業との共同調査および一般個人調査を実施し、出産以降の女性が管理職昇進などを経ながら活躍してゆく道筋について分析した

学びとキャリアの未来プロジェクト

研究テーマ:社会人の学習意欲を高める

社会人の学習意欲の現状と未来の学習意欲について、バックキャスティングの手法を用い、高校生からミドル、シニアにおける学習意欲の実態と未来の学習意欲について検討した。また高卒就職者のキャリア形成プロセスや日本人学生の海外勤務志向の分析、シニアの学習意欲と大学院活用などについて分析を行った

新卒採用プロセスの未来プロジェクト

研究テーマ:大卒新卒採用の採用状況を検証する

現在の内定出しのタイミングや内定辞退の実態を明らかにしたうえで、内定出し時期が変化した場合の採用数の変化をシミュレートした

外国人活用の未来プロジェクト

外国人マネジメントに対する企業の取り組みと日本企業で働く外国人の視界をインタビューから明らかにしつつ、人材マネジメント調査と組み合わせて分析した

2020年予測プロジェクト

研究テーマ:2020年の労働市場予測、未来シナリオ

2020年の労働市場や失業率、産業構造のマクロ予測を行った。これまでのトレンドが2020年まで進んだ場合にどのような労働市場になるかという視点で予測を行った。それとあわせて、マクロ予測を踏まえたうえで、2020年に想定される人事・雇用・働き方の12のシナリオをまとめた。