JOURNAL OF HUMAN RESOURCESWorks No.138

Works誌は全ページ無料でPDFをダウンロードしていただけます。冊子版をご希望の方は、右の「購読のお申込み」からご購入いただけます。

Works No.138
人事評価なんてもういらない
2016年10月

目次

■特集

人事評価なんてもういらない



はじめに



●Section1 人事評価を振り返る

1-1 日米の評価制度の歴史、再確認。違いはどこにあるのか

1-2 人事覆面座談会で問う。現場が感じる評価制度の行き詰まりとは何か

COLUMN 評価者研修のニーズで見る評価制度の課題とは

1-3 日米の評価制度の本質的な課題とは



●Section2 「評価を激変させた」米国企業の真意に迫る

2-1 変化の背景には何があるのか

2-2 具体的に何が変わったのか

2-3 賞与や昇給はどのように決まるのか

2-4 人物の評価をどのようにするのか

2-5 どのように変革を進めたのか

2-6 現場のマネジャーはどう感じ、どう行動を変えているのか

2-7 人事の役割はどのように変わったのか



●Section3 日本企業は、米国企業の変化から何を学ぶか



3-1 日本企業は変化に追随していくべきか

COLUMN 既存の評価制度を活用し、変革する

3-2 「上司」をどう変えていくべきか

3-3 企業人事が考える評価制度の未来とは



まとめ:屋台骨を支える人々がより幸せに働ける方法を探して/石原直子(本誌編集長)



■連載



・頂点からの視座

深澤直人氏(プロダクトデザイナー)



・人事のリスクマネジメント新鉄則

地震災害



・人事が知っておくべき人体の秘密

なぜ、左利きは常に10%存在するのか



・本気の健康経営

ロート製薬/食へのこだわり



・みんなが早く帰れる組織の「掟」

労働時間に「枠」をはめてマネジメント力向上を促す



・成功の本質

工房信州の家/フォレストコーポレーション



・女性リーダーからの手紙

分け隔てのないアサインメントを促す仕組みを



本誌に掲載されているデータは2016年9月23日現在のものです。