JOURNAL OF HUMAN RESOURCESWorks No.136

Works誌は全ページ無料でPDFをダウンロードしていただけます。冊子版をご希望の方は、右の「購読のお申込み」からご購入いただけます。

Works No.136
人事は日本型雇用を守りたいのか
2016年06月

目次

■第1特集

シリーズ 雇用再興2 人事は日本型雇用を守りたいのか



はじめに:日本型雇用に対する人事リーダーたちの本音とは



●Section1「もっと自由に働きたい」個人は、本当に増えているのか

・個人はどのような働き方、生き方を希求しているのか

・既に多様な働き方、生き方の実例は出てきているのか



●Section2 「自由に働きたい個人」を、企業はマネジメントできるのか  

・自由に働きたい社員のタイムマネジメントをどうするのか

・多様な個人を誰がどのように評価するのか

・多様な働き方を許容することで日本的なよさが失われないか



●Section3 個人の価値観の変化に、「本気で向き合う」とは  

・労働法は変わっていくべきなのか。そして変わり得るのか

・会社とは何か。会社と個人が約束すべきこととは



●Section4 新しい人事のありようとは。それは実現できるのか  



まとめ:働く個人の代表としての人事リーダーへの期待/石原直子(本誌編集長)



■第2特集

急発進する[人事×データ]



■連載

・頂点からの視座

菅野正美氏(合唱指導者)



・人事のジレンマ

在宅勤務を始めたい × 生産性低下が心配



・コミュニケーションの型知

ネガティブなメッセージを伝える



・人事が知っておくべき人体の秘密

“デスクで早食いランチ”がダメな理由



・フツウでないと戦力外?

LGBT(性的少数者)



・ここは集中特区

仕事で選ぶ、ワークスタイル自由形



・成功の本質 監修/野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)

第84回 スマートコンストラクション/コマツ 



・人事プロフェッショナルへの道

働き方改革を成功させる経営と人事の役割とは



FROM EDITORIAL OFFICE

本誌に掲載されているデータは2016年5月25日現在のものです。