JOURNAL OF HUMAN RESOURCESWorks No.120

Works誌は全ページ無料でPDFをダウンロードしていただけます。冊子版をご希望の方は、右の「購読のお申込み」からご購入いただけます。

Works No.120
若い才能に出会う
2013年10月

目次

■特集
若い才能に出会う


はじめに:若い才能は、大手の方を向いていない

●SECTION 1 10人の「若い才能」の「僕らが夢中になれること」
・クラウドファンド創設 すべての個人が能力を活かせる社会へ。そのビジョンを日本初のサービスに
/米良はるか氏(READYFOR? マネジャー)
・五大陸で教育革命 気付いてしまった映像授業の「可能性」に今は賭けてみたい
/税所篤快氏(e-Education代表)
・スーパーIT高校生 プログラムもアートも全部踏まえ100年先まで続く新しい分野を作る
/Tehu氏(私立灘高等学校3年生)
・世界で評価を受けた研究者 信じて任せてくれる教授のもと、半導体ナノ結晶にハマる
/杉本 泰氏(神戸大学大学院工学研究科博士課程)
・社会問題のプラットフォームを形成 誰も変えられなかった民主主義という社会システムの不備を是正する
/安部敏樹氏(一般社団法人リディラバ代表理事、東京大学大学院博士課程、マグロ漁師)
・世界に日本を発信 「世界にいる」僕らが、世界の若者をつなげて、世界を変えていく
/成瀬勇輝氏、大村貴康氏、青木 優氏、金田隼人氏(CiRCUS)
・インタビュアー 人の心の底にあるものを引き出し人に驚きや感動をもたらしたい
/田中 嘉(日本インタビュアー協会認定インタビュアー)

●SECTION2 若い才能とどう出会う? どう協業する? 
・企業を向いていない若い才能にいかに出会うか 
・採用プロセスのなかで若い才能をいかに見極めるか 
・若い才能と協業するための場をいかに作るか
・才能を開花させるために、いかに「点火」させるか 

●若手を腐らせるな。若い才能は「地球人」である。そんな彼らと出会うために、組織の「仲間の線」を引き直そう

■第2特集
変化を起こす人はなぜ、そこに集まるのか


■第1・第2特集編集長総括
「他律性」にどこまで柔軟性を持たせられるか

/長島一由(本誌編集長) 

■連載

・進化する人と組織
トランジットジェネラルオフィス 代表取締役社長 中村貞裕氏

・ダイガクセイのミカタ
VOL. 11 本気の人間に出会い、ぶつかり合うことで、熱くなる

・成功の本質 監修/野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)
第69回 セブンプレミアム

・CAREER CRUISING
為末 大氏(元プロ陸上選手)

・人事の哲学 ~東洋思想が斬る、ニッポンの今~
⑧永続的な企業発展

FROM EDITORIAL OFFICE
INFORMATION

本誌に掲載されているデータは平成25年9月20日現在のものです。