Keiko Okaケイコ オカ

  • 客員研究員

    2001年大阪大学大学院法学研究科博士課程修了。専門は労働法。同年4月よりワークス研究所の客員研究員として勤務。労働者派遣法の国際比較や欧米諸国の労働市場政策を研究する。

    研究領域
    労働者派遣法、労働市場政策、アメリカ労働法。

論文

  • 「日本版フレキシキュリティ構築への課題」『Works Reivew』Vol.3:p.182-195(2008)
  • 「アメリカ厚生労働基準法とホワイトカラー・エグゼンプション」『Works Review』Vol.2 :p.186-197(2007)
  • 「人材派遣に求められる機能と役割」『Works Review』Vol.1:p.148-161(2006)
  • 「派遣労働を中心とした規制改革と人材ビジネスの日米比較」(共著)『日本経済研究』No.53:p125-149 (2006)

学会発表等

  • Non-standard Work Arrangements in Japan and the U.S. from Legal Perspective

    (Co-author  with Noriaki Kojima, International Conference on Non-standard Work Arrangement, 2000: Kalamazoo, Michigan)

研究実績

  • Works University 執筆(2002年より)

著書

  • 『人材派遣会社の作り方儲け方』(共著)(2004年4月 ぱる出版)
  • Nonstandard Work in Developed Economies: Causes and Consequences

    (Co-author, Houseman S. and Osawa M, Editors, Upjohn Institute: 2003)

教歴

  • 関西外国語大学短期大学部兼任講師(1999-2000年)

執筆・講演等

  • 「中国の人材派遣」『月刊人材ビジネス』Vol. 305 (2011)
  • 「スペインの労働市場改革」『月刊人材ビジネス』Vol.297 (2011)
  • 「米国派遣業界のコンプライアンス事情」『月刊人材ビジネス』Vol. 294 (2011)
  • 「停滞する米雇用と長期化する失業」『月刊人材ビジネス』Vol. 291 (2010)
  • 「特異さ目立つ日本の派遣法改正案」『月刊人材ビジネス』Vol. 288 (2010)