企業内大学読み:きぎょうないだいがく

単なるスキル教育に特化した既存の研修所とは一線を画し、その企業において「求める人材」を継続的に輩出することを目的として設置された教育専門機関を指す。1990年代にアメリカで多く設立されたコーポレートユニバーシティに端を発する。「求める人材」のイメージを明確化したうえで、人材育成カリキュラムを体系化し、提供しており、単なるビジネススキルの教育にとどまらず、コンセプトスキルやヒューマンスキルの育成にまで踏み込んだ研修体系を整備しているところが特徴。また、育成対象は、新人から経営層まで幅広い。企業により形態は様々であるが、研修プログラムは、内製・外製のハイブリッドで用意されているものが多い。

(2015年03月30日掲載)