コーポレートガバナンス読み:こーぽれーとがばなんす

狭義には、株主の専門経営者に対する監視・チェック機能。企業統治と訳される。しかし、企業は株主以外にも多くの利害関係者(従業員、顧客、取引先、債権者、地域社会など)との利害調整も重要である。この広い視点からの経営者に対する監視・チェック機能を、広義のコーポレートガバナンスという。

(2015年03月30日掲載)