コーチング読み:こーちんぐ

対話により、相手に対して目標達成・自己改革などを促す人材開発技法。コーチングの基本となるのは、1対1の対話である。相手の話を聞き、理解し、質問によりさらに相手の話を聞き、承認させる手法である。インタラクティブ(双方向性)、オンゴーイング(現在進行形)、テーラーメイド(個人のための対話)であることが重要であるとされる。近年はコーチング技法の研究が進み、企業の人材開発においても積極的に活用されている。

(2015年03月30日掲載)