コース別人事読み:こーすべつじんじ

社員の昇進・昇格などにあたり複数のコースを設定し、それぞれ別の雇用管理を行う制度。代表的な例として、総合職・一般職のコース分類が挙げられる。製造業では、技術人材を生かすために専門職制度を導入している企業も多い。近年では、金融業、小売業において、地域限定職、職域限定職コースを設ける企業が増え、「限定正社員」への着目が進んでいる。

(2015年03月30日掲載)